概要

文書内の特定の座標までスクロールします。

構文

window.scrollTo(x-coord,y-coord)
window.scrollTo(options)

引数

  • x-coord : 左上を基準にした表示させたい文書の水平軸上のピクセル値
  • y-coord : 左上を基準にした表示させたい文書の垂直軸上のピクセル値

または

  • options : 三つのプロパティを持たせられるオブジェクト
    • top x-coord と同じです
    • left x-coord と同じです
    • behavior smoothinstantauto のうちどれか一つを含む文字列。初期値は auto です

window.scrollTo( 0, 1000 );

// this changes the scrolling behavior to "smooth"
window.scrollTo({
    top: 1000,
    behavior: "smooth"
});

注記

この関数は、効果としては、window.scroll と同じです。相対的にスクロールさせる方法については、 window.scrollBywindow.scrollByLineswindow.scrollByPages を参照してください。

要素のスクロールについては、 Element.scrollTopElement.scrollLeft を参照してください。

仕様

Specification Status Comment
CSS Object Model (CSSOM) View Module
window.scroll() の定義
草案 Initial definition.

ブラウザー実装状況

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応 あり あり あり あり あり あり
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 あり あり あり あり ? あり あり

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: YuichiNukiyama, u_7cc, teoli, khalid32, ethertank, Potappo
最終更新者: YuichiNukiyama,