非標準
この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

廃止
この機能は廃止されました。まだいくつかのブラウザーで動作するかもしれませんが、いつ削除されてもおかしくないので、使わないようにしましょう。

概要

Window インターフェイスの廃止済みで非標準の back() メソッドは、履歴で前のアイテムの window を返します。これは Firefox 固有のメソッドであり、Firefox 31 で削除しました。代わりに、標準の history.back() メソッドを使用してください。

構文

window.back();

引数

ありません。

戻り値

undefined です。

この例は、back() を呼び出して "戻る" ボタンのクリックを制御します。

function handleMyBackButton() { 
  if (canGoBack) {
    window.back();
  }
}

仕様

どの仕様にも属していません。

ブラウザー実装状況

この非標準メソッドは Firefox だけが実装しており、Firefox 31 で削除しました。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mdnwebdocs-bot, yyss, fscholz, khalid32, ethertank, Potappo
最終更新者: mdnwebdocs-bot,