HTMLButtonElement

HTMLButtonElement インターフェイスは、 (HTMLElement から継承したものより詳細に) <button> 要素を操作するためのプロパティやメソッドを提供します。

プロパティ

親である HTMLElement からプロパティを継承しています。

HTMLButtonElement.accessKey
DOMString で、ボタンにアクセスするためのキーボードの1文字のキーを示します。
HTMLButtonElement.autofocus
Boolean で、ページが読み込みの際、ユーザーが異なるコントロールに入力するなどで上書きをしない限り、コントロールが入力フォーカスを持つべきかどうかを示します。文書中のフォーム関連要素の中で、この属性を指定できるのは1つだけです。
HTMLButtonElement.disabled (en-US)
Boolean で、コントロールが無効か否か、つまりクリックを受け付けるかどうかを示します。
HTMLButtonElement.form 読取専用
HTMLFormElement で、このボタンが関連付けられているフォームを反映します。ボタンがフォームの子孫要素である場合は、この属性はフォーム要素の ID になります。
ボタンがフォーム要素の子孫でない場合は、属性は同じ文書内の任意のフォーム要素の ID になる可能性があり、また一致するものがなければ null 値になります。
HTMLButtonElement.formAction
DOMString で、ボタンによって送信された情報を処理するリソースの URI を反映します。指定された場合は、この属性はこの要素のオーナーである <form> 要素の action 属性を上書きします。
HTMLButtonElement.formEnctype
DOMString で、サーバーにフォームを送信するために使用されるコンテンツの型を反映します。指定された場合は、この属性はこの要素のオーナーである <form> 要素の enctype 属性を上書きします。
HTMLButtonElement.formMethod
DOMString で、ブラウザーがフォームを送信するために使用する HTTP メソッドを反映します。指定された場合は、この属性はこの要素のオーナーである <form> 要素の method 属性を上書きします。
HTMLButtonElement.formNoValidate
Boolean で、フォームの送信時に値の検証が行われないことを示します。指定された場合は、この属性はこの要素のオーナーである <form> 要素の novalidate 属性を上書きします。
HTMLButtonElement.formTarget
DOMString で、フォームに送信した後で受信するレスポンスを表示する場所を示す名前またはキーワードを反映します。指定された場合は、この属性はこの要素のオーナーである <form> 要素の target 属性を上書きします。
HTMLButtonElement.labels (en-US) 読取専用
NodeList で、このボタンのラベルとなる <label> 要素を表します。
HTMLButtonElement.menu
HTMLMenuElement (en-US) で、ボタンが type="menu" である場合にクリックした場合に表示されるメニュー要素を表します。
HTMLButtonElement.name
DOMString で、フォームを送信したときのオブジェクトの名前を表します。 HTML5 指定された場合は、空文字列にすることはできません。
HTMLButtonElement.tabIndex
long で、タブ順でのこの要素の位置を表します。
HTMLButtonElement.type
DOMString で、このボタンの動作を示します。これは列挙型属性で、以下の値を取ることができます。
  • submit: フォームを送信するボタンです。これは属性が指定されていなかった場合の既定値です。 HTML5 または空の値や無効な値に変更された場合の既定値です。
  • reset: フォームをリセットするボタンです。
  • button: 何もしないボタンです。
  • menu: メニューを表示するボタンです。
HTMLButtonElement.willValidate 読取専用
Boolean で、ボタンが制約検証の候補になるかどうかを示します。制約検証が阻止される場合は false となり、これには type プロパティが reset または button である場合、祖先に <datalist> がある場合、 disabled プロパティが true に設定されている場合が含まれます。
HTMLButtonElement.validationMessage 読取専用
DOMString で、 (もしあれば) 制約検証でコントロールが合格しなかった場合のローカライズされたメッセージを表現します。この属性はコントロールが制約検証の候補にならない場合 (willValidatefalse の場合) や、制約を満たしている場合は空文字列になります。
HTMLButtonElement.validity 読取専用
ValidityState で、このボタンがある妥当性の状態を表します。
HTMLButtonElement.value
DOMString で、ボタンの現在のフォームコントロールの値を表します。

メソッド

親である HTMLElement からメソッドを継承しています。

名称 返却型 説明
checkValidity() Boolean リセットまたはボタン要素は対応していません。
reportValidity() Boolean リセットまたはボタン要素は対応していません。
setCustomValidity(in DOMString error) void リセットまたはボタン要素は対応していません。

Gecko を基盤としたブラウザーでは、 :-moz-submit-invalid 擬似クラスを用いてフォームの妥当性に基いた送信ボタンの装飾をすることができます。

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
HTMLButtonElement の定義
現行の標準
HTML 5.2
HTMLButtonElement の定義
勧告 menu 属性および type="menu" 値が削除された。
HTML 5.1
HTMLButtonElement の定義
勧告 menu 属性が追加された。
type 属性でもう一つ、 "menu" の値が取れるようになった。
HTML5
HTMLButtonElement の定義
勧告 tabindex および accesskey 属性が HTMLElement で定義されるようになった。
autofocus, formAction, formEnctype, formMethod, formNoValidate, formTarget, labels, validity, validationMessage, willValidate 属性が追加された。
checkValidity(), setCustomValidity() メソッドが追加された。
type 属性が読取専用ではなくなった。
Document Object Model (DOM) Level 2 HTML Specification
HTMLButtonElement の定義
廃止 Document Object Model (DOM) Level 1 Specification から変更なし
Document Object Model (DOM) Level 1 Specification
HTMLButtonElement の定義
廃止 初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報

  • このインターフェイスを実装している HTML 要素: <button>