Location

Location インターフェイスは、リンク先オブジェクトの場所 (URL) を表します。Location の変更点は、関係するオブジェクトに反映されます。Document インターフェイスおよび Window インターフェイスにはこのようなリンクされた Location があり、それぞれ Document.location および Window.location でアクセスできます。

プロパティ

Location インターフェイスはプロパティを継承していませんが、URLUtils のプロパティを実装しています。

Location.href
URL 全体を収めた DOMString です。この値を変更すると、関連付けられたドキュメントが新しいページへ移動します。この値は、関連付けられたドキュメントのオリジンとは別のオリジンを設定できます。
Location.protocol
末尾の ':' を含む、URL のプロトコルスキームを収めた DOMString です。
Location.host
URL のホスト (すなわち hostname)、コロン (':')、port を収めた DOMString です。
Location.hostname
URL のドメインを収めた DOMString です。
Location.port
URL のポート番号を収めた DOMString です。
Location.pathname
URL のパス部分を、先頭の '/' を含めて収めた DOMString です。
Location.search
URL のうち、'?' とそれに続くパラメーターや "クエリー文字列" を収めた DOMString です。現代のブラウザーは、クエリー文字列からパラメーターを容易に解析するための URLSearchParamsURL.searchParams を提供しています。
Location.hash
URL のうち、'#' とそれに続くフラグメント識別子を収めた DOMString です。
Location.username
ドメイン名の前に指定したユーザー名を収めた DOMString です。
Location.password
ドメイン名の前に指定したパスワードを収めた DOMString です。
Location.origin 読取専用
特定の location のオリジンの標準形を収めた DOMString です。

メソッド

Location インターフェイスはメソッドを継承していませんが、URLUtils のメソッドを実装しています。

Location.assign()
引数で指定した URL のリソースを読み込みます。
Location.reload()
現在の URL のリソースを再読み込みします。省略可能な唯一の引数が、true であれば常にサーバーからページを再読み込みする Boolean 値です。false を指定するか値を指定しない場合は、ブラウザーがキャッシュからページを再読み込みする可能性があります。
Location.replace()
現在のリソースを、指定した URL のリソースで置き換えます。assign() メソッドとの違いは、replace() を使用した後は現在のページがセッションの History に保存されないことであり、ユーザーは 戻る ボタンを使用して移動することができません。
Location.toString()
URL 全体を収めた DOMString を返します。これは URLUtils.href と同義ですが、こちらは値を変更するために使用できません。

// この例のためにアンカー要素を生成して、href プロパティを使用します。
// より適切な代替手段は、URL を見て document.location または window.location を使用することです。
var url = document.createElement('a');
url.href = 'https://developer.mozilla.org/en-US/search?q=URL#search-results-close-container';
console.log(url.href);      // https://developer.mozilla.org/en-US/search?q=URL#search-results-close-container
console.log(url.protocol);  // https:
console.log(url.host);      // developer.mozilla.org
console.log(url.hostname);  // developer.mozilla.org
console.log(url.port);      // (blank - https assumes port 443)
console.log(url.pathname);  // /en-US/search
console.log(url.search);    // ?q=URL
console.log(url.hash);      // #search-results-close-container
console.log(url.origin);    // https://developer.mozilla.org

仕様

仕様書 策定状況 コメント
WHATWG HTML Living Standard
Location の定義
現行の標準 HTML5 から変更なし。
HTML5
Location の定義
勧告 初期定義

ブラウザー実装状況

機能 Chrome Edge Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート (有) (有) (有) (有) (有) (有)
Windows.locationorigin ? ? 21 (21) ? ? ?
すべての location オブジェクトの origin (WorkerLocation を使用する Worker を除く) ? ? 26 (26) ? ? ?
username および password ? ? 26 (26) ? ? ?
機能 Android Edge Firefox Mobile (Gecko) IE Phone Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート (有) (有) (有) (有) (有) (有)
Windows.locationorigin ? ? 21.0 (21) ? ? ?
すべての location オブジェクトの origin (WorkerLocation を使用する Worker を除く) ? ? 26.0 (26) ? ? ?
username および password ? ? 26.0 (26) ? ? ?

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: yyss
 最終更新者: yyss,