Window.scrollMaxX

非標準

この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

Window.scrollMaxX は読み取り専用プロパティで、文書が横方向にスクロールできる最大ピクセル数を返します。

構文

xMax = window.scrollMaxX
  • xMax はピクセル数です。

Example

// ページの右端までスクロールする
let maxX = window.scrollMaxX;

window.scrollTo(maxX, 0);

このプロパティを、文書の全体の幅を取得するためには使用しないでください。これは window.innerWidth + window.scrollMaxX とは等しくありません。これは window.innerWidth には表示中の垂直スクロールバーがすべて含まれるからであり、結果は文書の幅よりすべての表示中の垂直スクロールバーの幅だけ大きくなります。代わりに document.body.scrollWidth を使用してください。 window.scrollMaxY も参照してください。

仕様書

どの仕様書にも含まれていません。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser