HTMLAudioElement インターフェイスは <audio> 要素のプロパティと、操作するメソッドを提供します。 HTMLMediaElement インターフェイスから派生しています。

プロパティ

固有のプロパティはありません。親である HTMLMediaElement および HTMLElement からプロパティを継承しています。

メソッド

HTMLMediaElement および HTMLElement からメソッドを継承しています。

コンストラクター

構文

mySound = new Audio([URLString]);

説明

audio 要素のコンストラクターです。返されるオブジェクトの preload プロパティは auto に設定され、 src プロパティは引数の値が設定されます。ブラウザーはオブジェクトを返す前、非同期的にリソースの選択を始めます。

メモ: new Audio() で作成された audio 要素は、音声を再生中にガベージコレクションされることはありません。 pause() メソッドが呼ばれるか、再生が終了するまで、再生を続けます。

引数

URLString (期待される型: DOMString; 任意)
構築される HTMLAudioElementsrc プロパティ

通常メソッド

名前と引数 返値 説明
mozCurrentSampleOffset() unsigned long long mozWriteAudio() によって作成された音声ストリームの、現在のオフセットを示します。このオフセットは、ストリームの先頭からのサンプル番号で指定されます。

mozSetup(in PRUint32 channels, in PRUint32 rate)

void 書き込み用の音声ストリームを初期化します。引数でチャンネル数 (1 でモノラル、 2 でステレオ) とサンプリング周波数 (例えば 44.1kHz の場合は 44100) を指定できます。
mozWriteAudio(in jsval data) unsigned long ストリームの現在のオフセットに音声を書き込みます。実際にストリームに書き込まれたバイト数を返します。

基本的な使用

HTMLAudioElement を完全に JavaScript で生成します。

var flush = new Audio('toilet_flush.wav');
flush.play();

audio 要素でもっと一般的に使用されるプロパティとしては、 src, currentTime, duration, paused, muted, volume などがあります。

var flush = new Audio('toilet_flush.wav');
flush.addEventListener('loadeddata',() => {
    var duration = flush.duration; // the duration variable now holds the duration (in seconds) of the audio clip  
})

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
HTMLAudioElement の定義
現行の標準  
HTML5
HTMLAudioElement の定義
勧告  

ブラウザーの対応

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応 あり あり3.59 あり あり
mozCurrentSampleOffset なし なし4 なし なし なし
mozSetup なし なし4 なし なし なし
mozWriteAudio なし なし4 なし なし なし
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 あり あり あり4 あり あり あり
mozCurrentSampleOffset なし なし なし あり なし なし なし
mozSetup なし なし なし あり なし なし なし
mozWriteAudio なし なし なし あり なし なし なし

関連情報

  • このインタフェースを実装した HTML 要素: <audio>

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, chikoski
最終更新者: mfuji09,