これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

window.isSecureContext 読み取り専用プロパティは、コンテキストが 安全なコンテキスト を必要とする機能を使用できるかどうかを示します。

構文

var isSecure = window.isSecureContext

機能検出

グローバルスコープの isSecureContext の真偽値を用いることで、安全なコンテクストかどうかをチェックすることで機能検出できます。

if (window.isSecureContext) {
  // Page is a secure context so service workers are now available
  navigator.serviceWorker.register("/offline-worker.js").then(function () {
    ...
  });
}

仕様

仕様 ステータス コメント
Secure Contexts 勧告候補 初期定義。

ブラウザー実装状況

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート (有) 49 (49) ? ? ?
window.opener の考慮 未サポート 49 (49) ? ? ?
機能 Android Android Webview Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile Chrome for Android
基本サポート 未サポート (有) 49.0 (49) ? ? ? (有)
window.opener の考慮 未サポート (有) 49.0 (49) ? ? ? ?

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: YuichiNukiyama
最終更新者: YuichiNukiyama,