これは実験段階の機能です。
この機能は複数のブラウザーで開発中の状態にあります。互換性テーブルをチェックしてください。また、実験段階の機能の構文と挙動は、仕様変更に伴い各ブラウザーの将来のバージョンで変更になる可能性があることに注意してください。

window.isSecureContext 読み取り専用プロパティは、コンテキストが 安全なコンテキスト を必要とする機能を使用できるかどうかを示します。

構文

var isSecure = window.isSecureContext

機能検出

グローバルスコープの isSecureContext の真偽値を用いることで、安全なコンテクストかどうかをチェックすることで機能検出できます。

if (window.isSecureContext) {
  // Page is a secure context so service workers are now available
  navigator.serviceWorker.register("/offline-worker.js").then(function () {
    ...
  });
}

仕様

仕様 ステータス コメント
Secure Contexts 勧告候補 初期定義。

ブラウザー実装状況

We're converting our compatibility data into a machine-readable JSON format. This compatibility table still uses the old format, because we haven't yet converted the data it contains. Find out how you can help!

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート (有) 49 (49) ? ? ?
window.opener の考慮 未サポート 49 (49) ? ? ?
機能 Android Android Webview Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile Chrome for Android
基本サポート 未サポート (有) 49.0 (49) ? ? ? (有)
window.opener の考慮 未サポート (有) 49.0 (49) ? ? ? ?

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: YuichiNukiyama
最終更新者: YuichiNukiyama,