mozilla
Your Search Results

    window.dump

    概要

    コンソールにメッセージを表示します。

    構文

    window.dump(message);
    
    dump(message);
    
    • message は記録するメッセージの文字列です。

    注記

    dump は一般に JavaScript のデバッグのために使われます。特権コードでは Components.utils.reportErrornsIConsoleService を使ってエラーコンソールにメッセージを記録することもできます。

    dump is also available to XPCOM components implemented in JavaScript, even though window is not the global object in components. However, this use of dump is not affected by the aforementioned preference -- it will always be shown. It is therefore advisable to either check this preference yourself or use a debugging preference of your own to make sure you don't send lots of debugging content to a user's console when they might not be interested in it at all. Note that dump output from XPCOM components goes to stderr, while dump called elsewhere will output to stdout.

    Gecko では既定の状態で dump は無効になっており、実行しても何も起こりませんがエラーも出しません。dump による出力を見るには、設定で browser.dom.window.dump.enabledtrue にして dump を有効にしなければなりません。この設定は about:configuser.js ファイルで行ないます。ただこの設定は既定の状態では about:config に載っていないので、自分で作成する必要があります。(コンテントエリアを右クリック -> 新規作成 -> 真偽値)

    Windows では、コンソールを表示させなければ何も見る事は出来ません。もしコンソールが表示されていなければ、一旦アプリケーションを閉じた後、コマンドラインパラメータとして -console を付けて開き直せばコンソールが作成されます。他のオペレーティングシステムでは、ターミナルからアプリケーションを起動すれば表示されます。

    To redirect the console output to a file, run firefox without the -console option and use the syntax to redirect stderr and stdout to a file, i.e.:

    firefox > console.txt 2>&1
    

    コンポーネントにおいては window はグローバルオブジェクトではありませんが、JavaScript で実装された XPCOM コンポーネントでも dump は使用できます。ただし、この場合 dump の使用は前述した設定の影響を受けず、常に表示されます。したがって、この設定を自分自身で確認するか、自分で作成したデバッグ用の設定を使うようにして、ユーザーのコンソールに彼らが望まない多量のデバッグ用メッセージが送られないようにする事をお勧めします。

    仕様

    DOM Level 0。どの標準にも属しません。

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: Shoot, jsx, ethertank, teoli
    最終更新者: jsx,
    サイドバーを隠す