HTMLElement

HTMLElement インターフェイスは、任意の HTML 要素を表します。要素によってはこのインターフェイスで直接実装されていたり、これを継承したインターフェイスを通して実装されていたりします。

EventTarget Node Element HTMLElement

プロパティ

親である Element からプロパティを継承しており、 GlobalEventHandlers からのプロパティを実装しています。

HTMLElement.accessKey

要素に割り当てられたアクセスキーを表す文字列です。

HTMLElement.accessKeyLabel 読取専用

要素に割り当てられたアクセスキーを含む文字列を返します。

HTMLElement.attributeStyleMap 読取専用

StylePropertyMap (en-US) で、その要素の style 属性の宣言を表します。

HTMLElement.contentEditable

文字列で、 true の場合は要素が編集可能、false の場合は編集不可であることを表します。

HTMLElement.isContentEditable 読取専用

論理値で、要素のコンテンツが編集可能か否かを示します。

HTMLElement.contextMenu Deprecated

要素に割り当てたコンテキストメニューを表す HTMLMenuElement (en-US) です。null になる可能性があります。

HTMLElement.dataset 読取専用

DOMStringMap で、スクリプトが読み書きできる要素のカスタムデータ属性 (data-*) を表します。

HTMLElement.dir

文字列で、要素の書字方向を表す dir グローバル属性を反映します。利用可能な値は、"ltr" および "rtl""auto" です。

HTMLElement.draggable

論理値で、要素がドラッグ可能かどうかを示します。

HTMLElement.enterkeyhint

文字列で、仮想キーボードの Enter キーに表示するアクションラベル(またはアイコン)を定義します。

HTMLElement.hidden

論理値で、要素が非表示であるかどうかを表します。

HTMLElement.inert

論理値で、ユーザー操作イベント、ページ内テキスト検索(「ページ内を検索」)、テキストの選択において、ユーザーエージェントが指定したノードがないかのように動作するかどうかを示します。

HTMLElement.innerText

ノードやその子孫の「描画される」テキストの内容を表します。 ゲッターとしては、カーソルで要素の内容を選択しクリップボードにコピーした際のテキストに近いものを取得することができます。 セッターとしては、この要素の子要素を指定された値で置き換え、すべての改行を <br> 要素に変換します。

HTMLElement.itemScope Experimental

論理値で、アイテムのスコープを表します。

HTMLElement.itemType Experimental 読取専用

DOMTokenList を返します…

HTMLElement.itemId Experimental

文字列で、アイテム ID を表します。

HTMLElement.itemRef Experimental 読取専用

DOMTokenList を返します…

HTMLElement.itemProp Experimental 読取専用

DOMTokenList を返します…

HTMLElement.itemValue Experimental

Object で、アイテムの値を表します。

HTMLElement.lang

文字列で、要素の属性およびテキスト、要素のコンテンツの言語を表します。

HTMLElement.noModule

論理値で、モジュールスクリプトに対応しているユーザーエージェントでインポートしたスクリプトが実行されるかどうかを示します。

HTMLElement.nonce

指定されたフェッチが実行を許可されるかどうかを判断するためにコンテンツセキュリティポリシーが使用する、一度だけ使用される暗号学的な数値を返します。

HTMLElement.offsetHeight 読取専用

double 値で、レイアウトに対して相対的な要素の高さを返します。

HTMLElement.offsetLeft 読取専用

double 値で、この要素の左境界線からその offsetParent の左境界線までの距離を返します。

HTMLElement.offsetParent 読取専用

Element で、すべてのオフセット計算が現在計算されている要素を返します。

HTMLElement.offsetTop 読取専用

double 値で、要素の上境界線からその offsetParent の上境界線までの距離を返します。

HTMLElement.offsetWidth 読取専用

double 値で、レイアウトに対して相対的な要素の幅を返します。

HTMLElement.outerText

ノードとその子孫のレンダリングされたテキストコンテンツを表します。 ゲッターとしては HTMLElement.innerText と同じです(要素とその子孫のレンダリングされたテキストの内容を表します)。 セッターとしては、選択されたノードとその内容を指定された値で置き換え、改行を <br> 要素に変換します。

HTMLElement.properties Experimental 読取専用

HTMLPropertiesCollection を返します…

HTMLElement.spellcheck

論理値で、スペルチェック を制御します。これはすべての HTML 要素に提供されていますが、すべての要素に効果があるとは限りません。

HTMLElement.style

CSSStyleDeclaration で、この要素の style 属性の宣言を表します。

HTMLElement.tabIndex

long 値で、タブ順内の要素の位置を表します。

HTMLElement.title

文字列で、マウスポインターを要素に当てた時に現れるポップアップボックスのテキストを表します。

HTMLElement.translate Experimental

論理値で、翻訳を行うかどうかを表します。

イベントハンドラー

ほとんどのイベントハンドラープロパティは、onXYZ の形であり、 GlobalEventHandlers の何れかのインターフェイスで定義されていて、HTMLElement により実装されています。さらに HTMLElement 固有のイベントプロパティがいくつかあります。

TouchEventHandlers.ontouchstart Non-standard

touchstart イベントのイベントハンドリングコードを返します。

TouchEventHandlers.ontouchend Non-standard

touchend イベントのイベントハンドリングコードを返します。

TouchEventHandlers.ontouchmove Non-standard

touchmove イベントのイベントハンドリングコードを返します。

TouchEventHandlers.ontouchcancel Non-standard

touchcancel イベントのイベントハンドリングコードを返します。

メソッド

親である Element からメソッドを継承しており、 GlobalEventHandlers からのメソッドを実装しています。

HTMLElement.attachInternals() Experimental

ElementInternals (en-US) オブジェクトを返し、カスタム要素を HTML フォームに参加できるようにします。

HTMLElement.blur()

現在フォーカスされている要素からキーボードフォーカスを外します。

HTMLElement.click()

要素にマウスクリックイベントを送信します。

HTMLElement.focus()

要素に現在のキーボードフォーカスを当てます。

イベント

これらのイベントを待ち受けするには addEventListener() を用いるか、イベントリスナーをこのインターフェイスの onイベント名 プロパティに代入するかしてください。

copy

ユーザーがブラウザのユーザーインターフェイスを通じてコピー操作を開始したときに発生します。

cut

ユーザーがブラウザのユーザーインターフェイスから切り取り操作を開始したときに発生します。

paste

ユーザーがブラウザのユーザーインターフェイスを通じて貼り付け操作を開始したときに発生します。

invalid

制約の検証で、要素が制約を満たさなかった場合に発行されます。 oninvalid プロパティからも利用できます。

アニメーションイベント

animationcancel

アニメーションが予期せず中断されたときに発行されます。 onanimationcancel (en-US) プロパティからも利用できます。

animationend

アニメーションが正常に完了したときに発行されます。 onanimationend (en-US) プロパティからも利用できます。

animationiteration

アニメーションが 1 回分完了したときに発行されます。 onanimationiteration (en-US) プロパティからも利用できます。

animationstart

アニメーションが開始されたときに発行されます。 onanimationstart (en-US) プロパティからも利用できます。

入力イベント

beforeinput

<input>, <select>, <textarea> のいずれかの要素が変更される前に発行されます。

input

<input>, <select>, <textarea> のいずれかの要素の value が変更されたときに発行されます。 oninput プロパティからも利用できます。

change

<input>, <select>, <textarea> のいずれかの要素の value が変更され、ユーザーが確定したときに発行されます。input イベントとは異なり、change イベントは要素の value が変更されるたびに発行されるわけではありません。

ポインターイベント

gotpointercapture

setPointerCapture() を用いて要素がポインターをキャプチャしたときに発行されます。 ongotpointercapture プロパティからも利用できます。

lostpointercapture

キャプチャされたポインターが解放されたときに発行されます。 onlostpointercapture プロパティからも利用できます。

pointercancel

ポインターイベントがキャンセルされたときに発行されます。 onpointercancel プロパティからも利用できます。

pointerdown

ポインターがアクティブになったときに発行されます。 onpointerdown プロパティからも利用できます。

pointerenter

ポインターが要素またはその子孫の一つのヒットテスト境界に入ったときに発行されます。 onpointerenter プロパティからも利用できます。

pointerleave

ポインターが要素のヒットテスト境界から出たときに発行されます。 onpointerleave プロパティからも利用できます。

pointermove

ポインターの座標が変化したときに発行されます。 onpointermove プロパティからも利用できます。

pointerout

ポインターが要素のヒットテスト境界を (他の理由で) 出たときに発行されます。 onpointerout プロパティからも利用できます。

pointerover

ポインターが要素のヒットテスト境界に入ったときに発行されます。 onpointerover プロパティからも利用できます。

pointerup

ポインターがアクティブではなくなったときに発行されます。 onpointerup プロパティからも利用できます。

トランジションイベント

transitioncancel

CSS トランジションがキャンセルされたときに発行されます。 ontransitioncancel プロパティからも利用できます。

transitionend

CSS トランジションが完了したときに発行されます。 ontransitionend プロパティからも利用できます。

transitionrun

CSS トランジション が最初に作成されたときに発行されます。 ontransitionrun プロパティからも利用できます。

transitionstart

CSS トランジションが実際に開始されたときに発行されます。 ontransitionstart プロパティからも利用できます。

仕様書

Specification
HTML Standard
# htmlelement

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報