Window.resizeTo()

Window.resizeTo() メソッドは、ウィンドウのサイズを動的に変更します。

構文

resizeTo(width, height)

引数

width

整数で、新しい outerWidth (スクロールバーやタイトルバーなどを含む大きさ)をピクセル数で表します。

height

整数で、新しい outerHeight (スクロールバーやタイトルバーなどを含む大きさ)をピクセル数で表します。

返値

なし (undefined)。

この関数は、利用可能な画面の 1/4 を占めるようにウィンドウをリサイズします。 Screen.availWidth および Screen.availHeight プロパティを参照してください。

function quarter() {
  window.resizeTo(
    window.screen.availWidth / 2,
    window.screen.availHeight / 2
  );
}

仕様書

Specification
Unknown specification
# dom-window-resizeto

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

注: window.open() によって作成されていないウィンドウまたはタブのサイズを変更することはできません。また、ウィンドウに複数のタブがある場合、サイズを変更することはできません。

関連情報