PromiseRejectionEvent

PromiseRejectionEvent インターフェイスは、 JavaScript の Promise が拒否されたときにグローバルスクリプトコンテキストに送信されるイベントを表します。これらのイベントは、測定やデバッグ目的に使用すると特に有益です。

コンストラクター

PromiseRejectionEvent()
指定したパラメータで PromiseRejectionEvent イベントを生成する。

プロパティ

親である Event のプロパティも継承しています。

PromiseRejectionEvent.promise 読取専用
拒否された JavaScript の Promise
PromiseRejectionEvent.reason 読取専用
Promise.reject() に渡される Promise が拒否された理由を示す値、または Object

メソッド

このインターフェイスには固有のメソッドはありません。親である Event からメソッドを継承しています。

イベント

rejectionhandled
JavaScript の Promise が拒否され、promise の reject イベントハンドラーのコードが実行された後に発生する。
unhandledrejection
reject に対するイベントハンドラーがない状態で JavaScript の Promise が拒否されたときに発生する。

window.onunhandledrejection = function(e) {
  console.log(e.reason);
}

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
PromiseRejectionEvent の定義
現行の標準 初回定義

ブラウザーの対応

BCD tables only load in the browser

関連情報