概要

window オブジェクトに紐付く screen オブジェクトへの参照を返します。

screen オブジェクトは現在のウィンドウがレンダリングされている画面のプロパティを調べるための特別なオブジェクトです。

構文

screenObj = window.screen;

プロパティ

screen.availTop
固定あるいは半固定されているユーザインタフェース部分は含まない、ウィンドウ内の最初のピクセルの y 座標
screen.availLeft
画面の左端から利用可能な最初の有効ピクセル
screen.availHeight
Windows でのタスクバーのような、オペレーティングシステムによって表示されている、固定あるいは半固定されているユーザインタフェース部分を引いた画面の高さ (ピクセル単位)
screen.availWidth
ウィンドウで利用可能である水平空間の大きさ (ピクセル単位)
screen.colorDepth
画面の色深度
screen.height
画面の高さ (ピクセル単位)
screen.left
メイン画面の左端から現在の画面の左端までの距離 (ピクセル単位)
screen.orientation
画面の現在の向きを取得
screen.pixelDepth
画面のビット深度を取得
screen.top
現在の画面の上端からの距離 (ピクセル単位)
screen.width
画面の幅
screen.mozEnabled
真偽値。false に設定する事によりデバイス画面がオフになる。
screen.mozBrightness
デバイス画面の 明るさ (brightness) を調整。0 から 1.0 までの double を設定可能。

イベントハンドラ

screen.onorientationchange
orientationchange イベントに呼応するハンドラ

メソッド

screen.lockOrientation
画面の向き(オリエンテーション)をロック (※フルスクリーンもしくはインストール済みアプリケーションでのみ動作)
screen.unlockOrientation
画面の向き(オリエンテーション)のロックを解除 (※フルスクリーンもしくはインストール済みアプリケーションでのみ動作)

EventTarget からの継承メソッド

EventTarget.addEventListener()
EventTarget 上に特定のイベント種別のイベントハンドラを登録します。
EventTarget.removeEventListener()
EventTarget からイベントリスナーを削除します。
EventTarget.dispatchEvent()
この EventTarget にイベントを送出します。

Mozilla chrome コード向けの追加メソッド

on* プロパティを実装するために JavaScript で実装されたイベントターゲットを使用するための Mozilla 拡張があります。WebIDL バインディング も参照してください。

  • void setEventHandler(DOMString type, EventHandler handler)
  • EventHandler getEventHandler(DOMString type)

if (screen.pixelDepth < 8) {
  // use low-color version of page
} else { 
  // use regular, colorful page
}

仕様

DOM Level 0。どの標準にも属しません。

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: SphinxKnight, fscholz, jsx, ethertank, Potappo
最終更新者: SphinxKnight,