window.window

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

概要

window オブジェクトの window プロパティは、その window オブジェクト自身を指します。故に、以下の表現は同じ window オブジェクトを返します。

window.window
window.window.window
window.window.window.window
  ...

Web ページに於いては、window オブジェクトはグローバルオブジェクト でもあります。これは次の事を意味します。

  1. スクリプト中の変数 "global" は、実際には window オブジェクトのプロパティです。
    var global = {data: 0};
    
    alert(global === window.global); // "true" を表示します。
    
  2. ブラウジングコンテキストに於いて window は最上位オブジェクトである為、 window オブジェクトのメンバへのアクセス時には "window." 接頭辞を省略する事が可能となっています。
    // 次の 2 行は同じ動作となります。
    window.setTimeout( "window.alert('Hi!')", 50 );
           setTimeout(        "alert('Hi!')", 50 );
    
    
    // window プロパティが自身を参照しているか確認してみましょう。
    alert( window === window.window === window.window.window.window ); // true
    

そのオブジェクト自身を参照する window プロパティが持っている理由は、おそらくグローバルオブジェクトの参照を容易にする為でしょう。もしこのようになっていない場合、 var window = this; という代入をスクリプトの一番最初に自分で書かなければならないでしょう。

別の理由としては、このプロパティ無しには、例えば、 "window.open('http://google.com/')" と書くことができないということが挙げられます。そうでなければ、単に、"open('http://google.com/')" と書かなければならないでしょう。

Yet another reason to use this property is for libraries which wish to offer OOP-versions and non-OOP versions (especially JavaScript modules). If, for example, we refer to "this.window.location.href", a JavaScript module could define a property called "window" inside of a class it defined (since no global "window" variable exists for it by default) which, could be created, for example, after passing in a window object to the module class' constructor. Thus, "this.window" inside of its functions would refer to that window object. In the non-namespaced version, "this.window" would simply refer back to "window", and also be able to get the document location without trouble. Another advantage is that the objects of such a class (even if the class were defined outside of a module) could change their reference to the window at will, as they would not be able to do if they had hard-coded a reference to "window" (yet the default in the class could still be set as the current window object).

仕様

Specification Status Comment
WHATWG HTML Living Standard
Window.window の定義
現行の標準 最新のスナップショット HTML5.1 から変更なし
HTML5.1
Window.window の定義
草案 HTML5 から変更なし
HTML5
Window.window の定義
勧告 Window.window の定義を含む最初のスナップショット

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: momdo, fscholz, khalid32, ethertank, Potappo
 最終更新者: momdo,