window.moveTo

概要

ウィンドウを指定座標に移動します。

構文

window.moveTo(x, y) 

引数

  • x : 移動される水平座標(絶対値)
  • y : 移動される垂直座標(絶対値)

function origin() {
  // ウィンドウを画面の左上端に移動します
  window.moveTo(0, 0);
}

注記

この関数は、ウィンドウを絶対的な位置に移動するものです。相対的な移動には window.moveBy を用います。

Firefox 7 より、以下の規則 に従い、 Web サイトからのブラウザのウィンドウの移動はできなくなっています。

  1. window.open によって作成されたものでないタブやウィンドウを移動することはできません。
  2. ウィンドウに 1 つ以上のタブがある場合、タブやウィンドウを移動することはできません。。

仕様

DOM Level 0。どの標準にも属しません。

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: fscholz, AshfaqHossain, ethertank, Potappo
 最終更新者: AshfaqHossain,