Window.requestAnimationFrame()

window.requestAnimationFrame() メソッドは、ブラウザにアニメーションを行いたいことを知らせ、指定した関数を呼び出して次の再描画の前にアニメーションを更新することを要求します。このメソッドは、再描画の前に呼び出されるコールバック 1 個を引数として取ります。

メモ: 次の再描画時に別のフレームをアニメーションさせたいときは、コールバックルーチン自身で requestAnimationFrame() を呼ばなければなりません。

このメソッドは、いつでも画面上でアニメーションの更新準備が整った時に呼び出してください。これにより、ブラウザの次の再描画が実行される前にアニメーション関数が呼び出されることを要求します。このコールバックの回数は、たいてい毎秒 60 回ですが、一般的に多くのブラウザーでは W3C の勧告に従って、ディスプレイのリフレッシュレートに合わせて行われます。ただし、コールバックの確率は、バックグラウンドのタブや隠れた <iframe> では、パフォーマンス向上やバッテリー消費を減らすために低くなるでしょう。

コールバックメソッドには、1 個の引数 DOMHighResTimeStamp が渡されます。これは、requestAnimationFrame の発火開始によりコールバックがキューに追加された時点の現在時刻を示します。単一フレーム内で複数のコールバックがあり、前のコールバックで計算負荷が生じていいても、各コールバックは同じタイムスタンプを受け取ります。このタイムスタンプは、ミリ秒単位の十進数ですが、その最小精度は 1ms (1000 µs) です。

構文

window.requestAnimationFrame(callback);

引数

callback
次の再描画でアニメーションを更新する時に呼び出す関数を指定します。コールバック関数は 1 個の引数 DOMHighResTimeStamp を受け取ります。この引数は、requestAnimationFrame がコールバックの呼び出しを開始した現在時刻 ( performance.now() から返された時刻 ) を示します。

返値

コールバックリスト内のエントリーを一意に識別するための、倍精度整数値の requestID を返します。この値は非ゼロ値ですが、値そのものを推定することはできないでしょう。この値を window.cancelAnimationFrame() に渡すことで、コールバック関数の更新を中止できます。

var start = null;
var element = document.getElementById('SomeElementYouWantToAnimate');

function step(timestamp) {
  if (!start) start = timestamp;
  var progress = timestamp - start;
  element.style.transform = 'translateX(' + Math.min(progress / 10, 200) + 'px)';
  if (progress < 2000) {
    window.requestAnimationFrame(step);
  }
}

window.requestAnimationFrame(step);

メモ

Edge のバージョン17以前と Internet Explorer は、描画サイクルの前に requestAnimationFrame を確実に発行するとは限りません。

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
requestAnimationFrame の定義
現行の標準 変更なし、以前のものを置き換える
Timing control for script-based animations
requestAnimationFrame の定義
廃止 初回定義

ブラウザーの対応

BCD tables only load in the browser

関連情報