Window.showModalDialog()

非推奨: この機能は非推奨になりました。まだ対応しているブラウザーがあるかもしれませんが、すでに関連するウェブ標準から削除されているか、削除の手続き中であるか、互換性のためだけに残されている可能性があります。使用を避け、できれば既存のコードは更新してください。このページの下部にある互換性一覧表を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

Warning: この機能は削除されました。ウェブサイトやアプリケーションを修正してください。

このメソッドは Chrome 43 および Firefox 56 で削除されました。

Window.showModalDialog() は、指定された HTML 文書を含むモーダルダイアログボックスを生成して表示します。

構文

showModalDialog(uri)
showModalDialog(uri, arguments)
showModalDialog(uri, arguments, options)

引数

uri

ダイアログで表示する文書の URL です。

arguments 省略可

ダイアログに渡される値です。

options 省略可

ダイアログのウィンドウ装飾を指定する文字列です。 以下のうち 1 つ以上の値をセミコロンで区切って使用します。

構文 説明
center: {on | off | yes | no | 1 | 0 } この引数の値が on, yes, 1 のいずれかである場合、ダイアログウィンドウはデスクトップの中央に配置されます。それ以外の場合は、ダイアログボックスが隠れます。既定値は yes です。
dialogheight: height ダイアログボックスの高さを指定します。
dialogleft: left ダイアログボックスの水平位置をデスクトップの左上を基準とした値で指定します。
dialogwidth: width ダイアログボックスの幅を指定します。
dialogtop: top ダイアログボックスの垂直位置をデスクトップの左上角を基準とした値で指定します。
resizable: {on | off | yes | no | 1 | 0 } この引数の値が on, yes, 1 のいずれかである場合、ダイアログウィンドウは、ユーザーによるリサイズが可能になります。それ以外の場合は、ウィンドウのサイズが自動で調整されます。既定値は、 no です。
scroll: {on | off | yes | no | 1 | 0 } この引数の値が on, yes, 1 のいずれかである場合、ダイアログボックスにスクロールバーが表示されます。それ以外の場合は、ボックスのサイズが自動で調整されます。既定値は、 no です。

Note: Firefox は、dialogHideedgestatus、および、unadorned 引数を実装していません。

返値

uri で指定した文書で設定された returnValue プロパティを保持します。

メモ

showModalDialog() は HTML5 の一部として一時的に標準化されました。追加オプションのための第 3 引数は、 HTML5 版には存在しませんでした。

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報