<iframe><object> のような)ウィンドウが埋め込まれた要素を返します。要素がトップレベルであるか異なるスクリプト生成元をもつ文書に埋め込まれるかのいずれかの場合は、 null を返します。

構文

frameEl = window.frameElement;
  • frameEl は、ウィンドウが埋め込まれた要素です。ウィンドウが別の文書に埋め込まれていない場合、または埋め込まれている文書が異なる生成元を持つ(例えば異なるドメインから設置されている)場合、これは null になります。

このプロパティの名前にもかかわらず、これは<object><iframe>、または <embed>を含むすべての埋め込みポイント内に埋め込まれた文書の役に立ちます。

var frameEl = window.frameElement;
// 埋め込みの場合、要素の URL が 'http://mozilla.org/' に変わります。
if (frameEl) {
  frameEl.src = 'http://mozilla.org/';
}

仕様

仕様 状態 コメント
HTML Living Standard
Window.frameElement の定義
草案 初期の仕様

ブラウザー互換性

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 4? 1.0 (1.7 or earlier) 5.5? 12.1? 4?
機能 Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート ? 1.0 (1.7 or earlier) ? ? ?

関連項目

  • window.frames は、現在のウィンドウの直接のサブフレームを一覧する、配列のようなオブジェクトを返します。
  • window.parent は、子ウィンドウのframeElementを含むウィンドウである、親ウィンドウを返します。

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: momdo, teoli, khalid32, ethertank, Potappo
 最終更新者: momdo,