Window.content

非標準: この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

: Firefox 57 以降 (当初はナイトリーのみ)、 content および _content の変化形はクロームの (特権) コードでのみ利用可能となり、ウェブではどこでも利用できなくなりました。

主となるコンテンツウィンドウを表す Window object オブジェクトを返します。これは、type="content-primary" 属性を持つ <browser> (もしくは tabbrowser<iframe>) 要素のある XUL ウィンドウにおいて役立ちます。最も有名な例は、Firefox のメインウィンドウである browser.xul です。このような場合、content はブラウザーに現在表示されている文書のための Window オブジェクトへの参照を返します。これは、browserRef.contentWindow のショートカットです。

特権のないコンテンツ (ウェブページ) では、content は通常 top と同じです (ウェブページがサイドバーに読み込まれた場合は例外で、 content は現在選択しているタブの Window を参照します)。

: いくつかの例では、content の代わりに _content を使用しています。しかし、後者は長い間非推奨とされています。ですから、新しいコードでは content を使うべきです。

構文

var windowObject = window.content;

以下のコードを <browser type="content-primary"/> 要素を持つ chrome XUL ウィンドウで実行すると、ブラウザーで現在表示されているページの最初の div 要素の周囲に赤い枠が描画されます。

content.document.getElementsByTagName("div")[0].style.border = "solid red 1px";

仕様書

なし。

関連情報