Join MDN and developers like you at Mozilla's View Source conference, 12-14 September in Berlin, Germany. Learn more at https://viewsourceconf.org

概要

主となるコンテンツウィンドウを表す Window オブジェクトを返します。これは、type="content-primary" 属性を持つ <browser> (もしくは tabbrowser<iframe>) 要素のある XUL ウィンドウにおいて役立ちます。最も有名な例は、Firefox のメインウィンドウである browser.xul です。このような場合、content はブラウザに現在表示されているドキュメントを表す Window オブジェクトへの参照を返します。これは、browserRef.contentWindow のショートカットです。

特権のないコンテンツ (Web ページ) では、content は通常 top と同じです。ただし、Web ページがサイドバーに読み込まれた場合を除きます。このときの content は、現在選択しているタブの Window を参照しています。

いくつかの例では、content の代わりに _content を使用しています。しかし、後者は長い間非推奨とされています。ですから、新しいコードでは content を使うべきです。

構文

var windowObject = window.content;

以下のコードを <browser type="content-primary"/> 要素を持つ chrome XUL ウィンドウで実行すると、ブラウザで現在表示されているページの最初の div 要素の周囲に赤い枠が描画されます。

content.document.getElementsByTagName("div")[0].style.border = "solid red 1px";

仕様

W3C の仕様の一部ではありません。

参照

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: fscholz, khalid32, nobuoka, ethertank, Shoot, Potappo
 最終更新者: khalid32,