コメント (DOM)

概要

コメント構文はソースコード内に注意書きなどを記す用途で使用可能です。これらは通常の閲覧時には表示されず、ソースコードの編集中や、ブラウザのソースビュー表示時にのみ閲覧可能です。

構文

<!-- コメント文 -->

説明

コメント文は、HTML や XML のソースコード内に「 <!-- 」 と 「 --> 」 で囲んで記述します。XML 構文に於いては、「 -- 」 をコメント内に記述する事は出来ません。

閲覧中の Web ページのソースコードを表示するには、多くの PC 用 Web ブラウザではブラウザのメニューから、または Web ページ上を右クリック(Windows の場合)して表示されるダイアログメニューから「ソースを表示」等のメニューアイテムを選択します。

HTML5 のソースコード内にコメントを記述する例を以下に示します。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8" />
  <title>Mozilla について</title>
</head>

<body>

<h1>Mozilla とは</h1>

<p><b>Mozilla</b>(モジラ)は旧ネットスケープコミュニケーションズ(以下ネットスケープ)や
同社が開発したインターネット関連アプリケーションソフトウェアなどいくつかの意味を持つ。
現在はウェブブラウザ Mozilla Firefox・Mozilla Application Suite(その後 SeaMonkey)を開発する Mozilla Foundation を指すことが多い。
様々な意味を持つ Mozilla の単語には以下のものがある。</p>

<!-- この後に目次を記述する予定 -->

</body>

</html>

※この例の中で用いられているテキストは、『 Mozilla - Wikipedia 』のテキストを元にしたものです。有志の方々によって活発な更新が行われています。是非一度ご覧下さい。

DOM インタフェース

コメント構文は、特殊なプロパティやメソッドのない CharacterData インタフェースを持っています。これは Node インタフェースからの継承インタフェースです。

仕様書

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: ethertank
 最終更新者: ethertank,