TextDecoder

TextDecoder インターフェイスは特定のテキストエンコーディング、例えば UTF-8, ISO-8859-2, KOI8-R, GBK, 等のデコーダーを表します。デコーダーは入力としてバイトのストリームを取り、コードポイントのストリームを出力します。

型付き配列でのテキスト表現

この例では、中国語/日本語の文字 を、異なる 5 種類の型付き配列、 Uint8Array, Int8Array, Uint16Array, Int16Array, Int32Array で表します。

let utf8decoder = new TextDecoder(); // default 'utf-8' or 'utf8'

let u8arr = new Uint8Array([240, 160, 174, 183]);
let i8arr = new Int8Array([-16, -96, -82, -73]);
let u16arr = new Uint16Array([41200, 47022]);
let i16arr = new Int16Array([-24336, -18514]);
let i32arr = new Int32Array([-1213292304]);

console.log(utf8decoder.decode(u8arr));
console.log(utf8decoder.decode(i8arr));
console.log(utf8decoder.decode(u16arr));
console.log(utf8decoder.decode(i16arr));
console.log(utf8decoder.decode(i32arr));

UTF8 ではないテキストの扱い

この例では、ロシア語の "Привет, мир!"、 "Hello, world." という意味のテキストをデコードします。 TextDecoder() (en-US) コンストラクターでは、キリル語の文字に適した Windows-1251 文字エンコーディングを指定します。

let win1251decoder = new TextDecoder('windows-1251');
let bytes = new Uint8Array([207, 240, 232, 226, 229, 242, 44, 32, 236, 232, 240, 33]);
console.log(win1251decoder.decode(bytes)); // Привет, мир!

コンストラクター

TextDecoder() (en-US)
新たに生成した TextDecoder を返します。これは、引数で指定したデコード方式を使用して連続したコードポイントを生成します。

プロパティ

TextDecoder インターフェイスは、何もプロパティを継承していません。

TextDecoder.prototype.encoding (en-US)読取専用
デコーダーの名称を持つ DOMString であり、これは TextDecoder が使用する方式を表す文字列です。
TextDecoder.prototype.fatal読取専用
エラーモードが fatal であるかを示す Boolean です。
TextDecoder.prototype.ignoreBOM読取専用
バイトオーダーマークを無視するかどうかを示す Boolean です。

メソッド

TextDecoder インターフェイスは、何もメソッドを継承していません。

TextDecoder.prototype.decode() (en-US)
特定の TextDecoder オブジェクトの方式でデコードされたテキストを含む DOMString を返します。

仕様書

仕様書 状態 備考
Encoding
TextDecoder の定義
現行の標準 初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報