IDBFactory

IndexedDB APIIDBFactory インターフェイスは、indexedDB への非同期アクセスを提供します。 このインターフェイスを実装するオブジェクトは、window.indexedDB です。このオブジェクトを使用すれば、IDBFactory インターフェイスに直接アクセスせずに、IndexedDB を開いたり (生成したり接続したり)、削除したりできます。

註: この機能は Web Workers 内で利用可能です。

メソッド

IDBFactory.open
データベースへの接続を開く要求をする現在のメソッドです。
IDBFactory.deleteDatabase
データベースの削除を要求するメソッドです。
IDBFactory.cmp
2 つのキーを比較して、大きいほうの値を戻り値として返すメソッドです。
IDBFactory.databases

次のコードスニペットでは、 データベースを開く要求をし、 成功の場合と失敗の場合のイベントハンドラーを登録しています。完全に動作する例は、To-do Notifications app (view example live.) を見てください。

var note = document.querySelector("ul");

// In the following line, you should include the prefixes of implementations you want to test.
window.indexedDB = window.indexedDB || window.mozIndexedDB || window.webkitIndexedDB || window.msIndexedDB;
// DON'T use "var indexedDB = ..." if you're not in a function.
// Moreover, you may need references to some window.IDB* objects:
window.IDBTransaction = window.IDBTransaction || window.webkitIDBTransaction || window.msIDBTransaction;
window.IDBKeyRange = window.IDBKeyRange || window.webkitIDBKeyRange || window.msIDBKeyRange;
// (Mozilla has never prefixed these objects, so we don't need window.mozIDB*)

// Let us open version 4 of our database
var DBOpenRequest = window.indexedDB.open("toDoList", 4);

// these two event handlers act on the database being opened successfully, or not
DBOpenRequest.onerror = function(event) {
  note.innerHTML += '<li>Error loading database.</li>';
};

DBOpenRequest.onsuccess = function(event) {
  note.innerHTML += '<li>Database initialised.</li>';

  // store the result of opening the database in the db variable. This is used a lot later on, for opening transactions and suchlike.
  db = DBOpenRequest.result;
};

仕様

ブラウザーの実装状況

BCD tables only load in the browser

関連情報