CustomElementRegistry

CustomElementRegistry インターフェイスはカスタムエレメントの登録と、登録された要素を紹介するためのメソッドを提供します。このインスタンスを取得するには、window.customElements プロパティを使います。 

メソッド

CustomElementRegistry.define()
新しいカスタムエレメントを定義。
CustomElementRegistry.get()
指定されたカスタムエレメントへのコンストラクタか、またはカスタムエレメントが定義されていない場合は undefined を返す。
CustomElementRegistry.whenDefined()
名前を与えられたカスタムエレメントが定義されたとき、空の promise(resolves)を返す。もしそのようなカスタムエレメントが既に定義されていた場合、返された promise は即座に fulfill状態になります。

以下のコードは我々の word-count-web-component という例 (こちらのライブデモを見てください) から持ってきています。メモ: クラスを生成した後カスタムエレメント定義するための CustomElementRegistry.define() メソッドの使用方法。

// 要素のクラスを生成
class WordCount extends HTMLParagraphElement {
  constructor() {
    // コンストラクタ内ではまずはじめに必ず super をコールする
    super();

    // 親要素の要素内の count というワード
    var wcParent = this.parentNode;

    function countWords(node){
      var text = node.innerText || node.textContent
      return text.split(/\s+/g).length;
    }

    var count = 'Words: ' + countWords(wcParent);

    // shadow root を生成
    var shadow = this.attachShadow({mode: 'open'});

    // テキストノードを生成し、count というワードを追加
    var text = document.createElement('span');
    text.textContent = count;

    // shadow root に追加
    shadow.appendChild(text);


    // 要素のコンテンツが変化した時、count を更新
    setInterval(function() {
      var count = 'Words: ' + countWords(wcParent);
      text.textContent = count;
    }, 200)

  }
}

// 新しい要素を定義
customElements.define('word-count', WordCount, { extends: 'p' });

メモ: CustomElementsRegistry は Window.customElements プロパティを通して利用可能です。

仕様

仕様 ステータス コメント
HTML Living Standard
CustomElementRegistry の定義
現行の標準 初期定義。

ブラウザ互換性

BCD tables only load in the browser