Range

Range インターフェイスは、ノードやテキストノードの部品を含むことができる文書の断片を表します。

Range は document オブジェクトの createRange() メソッドにより生成することができます。また、Selection オブジェクトの getRangeAt() (en-US) メソッドや Document オブジェクトの caretRangeFromPoint() メソッドにより取得することもできます。

さらに、Range() (en-US) コンストラクターも使用できます。

プロパティ

継承しているプロパティはありません。

Range.collapsed 読取専用
Range の始点と終点が同じ位置にあるか否かを示す Boolean を返す
Range.commonAncestorContainer 読取専用
startContainerendContainer をともに含む、最も深い Node を返す
Range.endContainer 読取専用
Range の終点を含む Node を返す
Range.endOffset 読取専用
endContainer の中での Range の終点の位置を示す数字を返す
Range.startContainer 読取専用
Range の始点を含む Node を返す
Range.startOffset 読取専用
startContainer の中での Range の始点の位置を示す数字を返す

コンストラクター

Range() (en-US)
始点および終点がグローバルな Document である Range オブジェクトを返します。

メソッド

継承しているメソッドはありません。

Range.setStart()
Range の始点を設定
Range.setEnd() (en-US)
Range の終点を設定
Range.setStartBefore() (en-US)
他の Node を基準に Range の始点を設定
Range.setStartAfter() (en-US)
他の Node を基準に Range の始点を設定
Range.setEndBefore() (en-US)
他の Node を基準に Range の終点を設定
Range.setEndAfter() (en-US)
他の Node を基準に Range の終点を設定
Range.selectNode() (en-US)
Range を、ある Node とその内容を含むように設定
Range.selectNodeContents() (en-US)
Range を、ある Node の内容を含むように設定
Range.collapse() (en-US)
Range をその端点の一方へ折りたたむ
Range.cloneContents()
Range の中身をコピーした DocumentFragment を返す
Range.deleteContents() (en-US)
Range の中身を Document から削除
Range.extractContents() (en-US)
Range の中身をドキュメントツリーから DocumentFragment に移動
Range.insertNode() (en-US)
Range の始点に Node を挿入
Range.surroundContents() (en-US)
Range の中身を新しい Node の中に移動
Range.compareBoundaryPoints() (en-US)
2 つの Range の端点の位置を比較
Range.cloneRange() (en-US)
元の Range と同じ端点を持つ Range オブジェクトを返す
Range.detach() (en-US)
パフォーマンスを改善するために、 Range を使用状態から開放
Range.toString() (en-US)
Range の内容を文字列として返す
Range.compareNode() (en-US) これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
Node が range の前、後、中、外のうちのいずれの場所にあるかを示す定数を返す
Range.comparePoint() (en-US)
指定された点が Range の前、中、後のうちのいずれの場所にあるかを -1、0、1 で示す
Range.createContextualFragment() (en-US)
渡された文字列から生成した DocumentFragment を返す
Range.getBoundingClientRect() (en-US)
Range の内容の全体に結びつく DOMRect (en-US) オブジェクトを返します。これは、Range.getClientRects() (en-US) が返すすべての長方形の集合体です。
Range.getClientRects() (en-US)
Range 内のすべての要素について、Element.getClientRects() の結果をまとめた DOMRect (en-US) オブジェクトのリストを返します。
Range.intersectsNode()
指定ノードの範囲が Range と交差するか否かを示す boolean を返す
Range.isPointInRange() (en-US)
与えられた点が Range の中にあるか否かを示す boolean を返す

仕様書

仕様書 状態 備考
DOM
Range の定義
現行の標準 今後は RangeException は使用せず、代わりに DOMException を使用します。
collapse() の第 2 引数を省略可能に変更。
isPointInRange(), comparePoint(), intersectsNode() メソッドを追加。
Range() コンストラクターを追加。
DOM Parsing and Serialization
Extensions to Range の定義
草案 createContextualFragment() メソッドを追加。
CSS Object Model (CSSOM) View Module
Extensions to Range の定義
草案 getClientRects() および getBoundingClientRect() メソッドを追加。
Document Object Model (DOM) Level 2 Traversal and Range Specification
Range の定義
廃止 s初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報