Event

Event インターフェイスは、DOM で発生するイベントを表します。ユーザーによって発生するイベント (マウスやキーボードのイベント) もありますし、API によって発生するイベント (アニメーションの実行が完了したことを示すイベントや、動画再生が一時停止したイベントなど) もあります。さまざまな型のイベントがあり、一部のイベントは基底の Event インターフェイスを基にした他のインターフェイスを使用します。Event 自体は、すべてのイベントで共通のプロパティやメソッドを持ちます。

Event を基にしたインターフェイス

以下のリストは Event インターフェイスを基にしたインターフェイスの一覧であり、 MDN API リファレンスの各ドキュメントにリンクしています。すべてのイベントインターフェイスは、名称の末尾が "Event" であることに留意してください。

コンストラクター

Event()
Event オブジェクトを生成して、呼び出し元に返します。

プロパティ

Event.bubbles 読取専用
イベントが DOM を通して浮上 (bubble up) するかを示す boolean 値です。
Event.cancelBubble
Event.stopPropagation() の歴史的な別名です。イベントハンドラーから戻る前に値 true を設定すると、イベントの伝播を抑制します。
Event.cancelable 読取専用
イベントがキャンセル可能かを示す boolean 値です。
Event.composed (en-US) 読取専用
shadow DOM と 通常の DOM の間の境界を越えてイベントが伝播できるかをを示す Boolean 値です。
Event.currentTarget 読取専用
イベントが現在登録されているターゲットへの参照。これは、現在イベントの送信先として予定されているオブジェクトです。これはリターゲティングによって、途中で変更できます。
Event.deepPath (en-US)
イベントの伝播で通り抜けた DOM NodeArray です。
Event.defaultPrevented 読取専用
event.preventDefault() がイベントで呼ばれたかどうかを示します。
Event.eventPhase (en-US) 読取専用
イベントの流れのうちどの段階が処理されているかを示します。
Event.explicitOriginalTarget (en-US) 読取専用
イベントの明確な最初のターゲット (Mozilla 特有)。
Event.originalTarget (en-US) 読取専用
イベントの再ターゲット前の最初のターゲット (Mozilla 特有)。
Event.returnValue (en-US)
Internet Explorer によって導入された歴史的なプロパティで、既存のサイトが動作し続けることを保証するために結果的に DOM 仕様書に導入されたものです。理想的には、 Event.preventDefault() および Event.defaultPrevented を代わりに使用してみるべきですが、選択次第では returnValue を使用することができます。
Event.srcElement (en-US)
Event.target の、(古いバージョンの Microsoft Internet Explorer 由来の) 標準外の別名であり、ウェブの互換性の目的で一部の他のブラウザーでも対応が始められています。
Event.target 読取専用
イベントが最初に送出されたターゲットへの参照。
Event.timeStamp 読取専用
イベントが生成された時刻をミリ秒単位で示します。仕様書ではこの値をエポックから経過した時間としていますが、実際のブラウザの定義は異なります。また、値を DOMHighResTimeStamp に変更する作業が進行中です。
Event.type 読取専用
イベントの名前 (大文字小文字を区別しません)。
Event.isTrusted (en-US) 読取専用
イベントがブラウザーによって開始されたか (たとえばユーザークリックの後)、または、スクリプトによって開始されたか (event.initEvent のようなイベントを作るメソッドの使用) どうかを示します。

廃止されたプロパティ

Event.scoped (en-US) 読取専用 これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
Boolean で、指定されたイベントが標準 DOM の中のシャドウルートを通してバブルするかどうかを示します。このプロパティは composed (en-US) に改名されました。

メソッド

Event.createEvent()

新しいイベントを作成し、これはその後で initEvent() メソッドを呼び出すことで初期化する必要があります。

Event.composedPath() (en-US)
(リスナーが呼び出されるオブジェクトへの) イベントのパスを返します。これはシャドウルートが ShadowRoot.mode (en-US) が閉じた状態で作成されたシャドウツリーのノードを含みません。
Event.initEvent()
生成されたイベントの値を初期化します。イベントがすでにディスパッチされている場合は、何も行いません。
Event.preventDefault()
イベントをキャンセルします (キャンセル可能な場合のみ)。
Event.stopImmediatePropagation()
この特定のイベントのために、他のいかなるリスナーも呼び出されません。同じ要素に付けられたリスナーも、後で横断される(たとえばキャプチャー段階の) 要素に付けられたリスナーも呼び出されません。
Event.stopPropagation()
これ以上イベントが 伝播 (propagation) するのを停止します。

廃止されたメソッド

Event.getPreventDefault()
標準外です。Event.defaultPrevented の値を返します。代わりに Event.defaultPrevented を使用してください。
Event.preventBubble() Gecko 24 で廃止
イベントが 浮上 (bubble up) しないようにします。廃止されたので、代わりに event.stopPropagation を使ってください。
Event.preventCapture() Gecko 24 で廃止
廃止されたので、event.stopPropagation を使ってください。

仕様書

仕様書 状態 備考
DOM
Event の定義
現行の標準  

ブラウザーの対応

BCD tables only load in the browser

関連情報