ジャンプ先:

Gecko 10.0 で廃止 (Firefox 10.0 / Thunderbird 10.0 / SeaMonkey 2.7)
この機能は廃止されました。まだいくつかのブラウザーで動作するかもしれませんが、いつ削除されてもおかしくないので、使わないようにしましょう。

XML 宣言で指定されたバージョンナンバーを返します。

宣言が <?xml version="1.1"?> であれば "1.1" 、
宣言が存在しない場合は "1.0" が戻り値となります。

この属性は既に DOM Level4 で廃止されています。Gecko の実装では常に 1.0 を返したため、あまり役に立つものではなく、Firefox 10 で削除されています。前述の様な実装であった為、文書が XML 文書であるかどうかを確認するものとしてのみ使用可能でした。現在そのような目的を達成する為には、例えば以下のコードを用いると良いでしょう。

var isXML = (document.createElement("foo").tagName == "FOO") ? false : true;

// 使用方法
alert(isXML);

XML 文書でなければ、document.createElement() で要素を生成した場合、要素名が大文字で返ります。これを利用して実現しています。

仕様書

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, fscholz, ethertank
最終更新者: mfuji09,