Document.hasStorageAccess()

これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

Document インターフェイスの hasStorageAccess() メソッドは、文書がファーストパーティのストレージへのアクセス権を持っているかどうかを真偽値で解決する Promise を返します。

詳しくは Storage Access API を参照してください。

構文

var promise = document.hasStorageAccess();

引数

なし。

返値

文書がファーストパーティのストレージへのアクセス権を持っているかどうかを真偽値で解決する Promise です。

Promise が解決され、関数が最初に呼び出されたときにユーザージェスチャーイベントを処理していた場合、解決ハンドラーはユーザージェスチャーが処理されているかのように実行されるため、ユーザーによるアクティベーションを必要とする API を呼び出すことができます。

document.hasStorageAccess().then(hasAccess => {
  if (hasAccess) {
    // ストレージへのアクセスはすでに許可されています。
  } else {
    // ストレージへのアクセスはまだ許可されていません。
    // requestStorageAccess() を呼び出す必要があります。
  }
});

仕様書

この API はまだ提案段階にあります。 — 標準化プロセスはまだ始まっていません。現在のところ、この API の詳細の仕様書は、アップルのブログ投稿の Introducing Storage Access API、および WHATWG HTML issue 3338 — Proposal: Storage Access API で見ることができます。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報