document.doctype

概要

現在のドキュメントに関連付けられた文書型宣言(DTD) を返します。返されるオブジェクトは、DocumentType インターフェイスを持ちます。 DocumentType を作成するには DOMImplementation.createDocumentType() を使用します。

構文

doctypeObj = document.doctype;
  • doctype : 読取専用

var doctypeObj = document.doctype;

alert(
  "doctypeObj.name: "           + doctypeObj.name            + "\n" +
  "doctypeObj.internalSubset: " + doctypeObj.internalSubset  + "\n" +
  "doctypeObj.publicId: "       + doctypeObj.publicId        + "\n" +
  "doctypeObj.systemId: "       + doctypeObj.systemId
);

注記

現在のドキュメントに関連付けられている DTD が存在しないは null が返されます。

DOM レベル 2 では、文書型宣言の編集をサポートしていません。

仕様書

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: fscholz, khalid32, ethertank
 最終更新者: khalid32,