現在の文書に関連付けられた文書型宣言 (Document Type Declaration) (DTD) を返します。返されるオブジェクトは、 DocumentType インターフェイスを持ちます。 DocumentType を生成するには DOMImplementation.createDocumentType() を使用してください。

構文

doctype = document.doctype;
  • doctype : 読み取り専用のプロパティです。

var doctypeObj = document.doctype;

console.log(
  "doctypeObj.name: "           + doctypeObj.name            + "\n" +
  "doctypeObj.internalSubset: " + doctypeObj.internalSubset  + "\n" +
  "doctypeObj.publicId: "       + doctypeObj.publicId        + "\n" +
  "doctypeObj.systemId: "       + doctypeObj.systemId
);

メモ

現在の文書に関連付けられている DTD が存在しないは null が返されます。

DOM レベル 2 では、文書型宣言の編集に対応していません。

仕様書

仕様書 状態 備考
DOM
Document: doctype の定義
現行の標準  

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung Internet
基本対応Chrome 完全対応 ありEdge ? Firefox 完全対応 ありIE ? Opera ? Safari ? WebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile ? Firefox Android 完全対応 ありOpera Android ? Safari iOS ? Samsung Internet Android ?

凡例

完全対応  
完全対応
実装状況不明  
実装状況不明

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, fscholz, khalid32, ethertank
最終更新者: mfuji09,