Document.selectedStyleSheetSet

廃止: この機能は廃止されました。まだいくつかのブラウザーで動作するかもしれませんが、いつ削除されてもおかしくないので、使わないようにしましょう。

selectedStyleSheetSet プロパティは、現在使用中のスタイルシートセットの名前を示します。

構文

currentStyleSheetSet = document.selectedStyleSheetSet;

document.selectedStyleSheet = newStyleSheetSet;

返値である currentStyleSheetSet は、現在使用中のスタイルシートセットの名前を示します。このプロパティを使用して、現在のスタイルシートセットを設定することもできます。

このプロパティに値を設定することは、 document.enableStyleSheetsForSet()currentStyleSheetSet の値で呼び出し、 lastStyleSheetSet の値をその値に設定することに等価です。

注: この属性の値は生きています。スタイルシートの disabled 属性を変更すると、この属性の値に影響します。

console.log('Current style sheet set: ' + document.selectedStyleSheetSet);

document.selectedStyleSheetSet = 'Some other style sheet';

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報