Document.fullscreen

非推奨
この機能はウェブ標準から削除されました。まだ対応しているプラウザーがあるかもしれませんが、ゆくゆくはなくなるものです。使用を避け、できれば既存のコードを更新してください。このページの下部にあるブラウザーの対応を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

廃止された Document インターフェイスの fullscreen プロパティは読み取り専用で、文書が現在全画面モードで表示されているかどうかを報告します。

このプロパティは読み取り専用ですが、変更されても (strict モードでも) 例外を投げません。セッターは何もしないので、無視されます。

メモ: このプロパティは非推奨であり、文書が全画面モードになっているかどうかは、 Document.fullscreenElementnull ではないことで確認することができます。

構文

var isFullScreen = document.fullscreen;

返値

真偽値であり、文書が全画面モードで表示されているときに true、それ以外の場合に false になります。

このシンプルな関数は、現在全画面モードがアクティブになっているかどうかを、廃止された fullscreen プロパティを使用して報告しています。

function isDocumentInFullScreenMode() {
  return document.fullscreen;
}

一方、次の例では、現在の fullscreenElement プロパティを使用して同じことを確認しています。

function isDocumentInFullScreenMode() {
  return document.fullscreenElement !== null;
}

fullscreenElementnull でなければ、これは true を返し、全画面モードで表示されていることを示します。

仕様書

仕様書 状態 備考
Fullscreen API
Document.fullscreen の定義
現行の標準 初回定義 (廃止プロパティとして)

ブラウザーの対応

BCD tables only load in the browser

関連情報