Document.createDocumentFragment()

新しい空の DocumentFragment を作成し、そこに DOM ノードを追加して画面外の DOM ツリーを作成します。

構文

var fragment = document.createDocumentFragment();

新しく作成された空の DocumentFragment オブジェクトで、中にノードが挿入できるものです。

使用上の注意

DocumentFragment は DOM の Node オブジェクトですが、メインの DOM ツリーの一部にはなりません。通常の使い方は、文書フラグメントを生成し、その文書フラグメントに要素を追加して、その文書フラグメントを DOM ツリーへ追加することです。 DOM ツリー内では、文書フラグメントはすべての子要素によって置き換えられます。

文書フラグメントはメモリ内にあり、メインの DOM ツリーの一部ではないため、文書フラグメントに子要素を追加してもページのリフロー (要素の位置と大きさを決定するための計算) が行われません。そのため文書フラグメントを利用することによって、性能の改善が見込まれます。

DocumentFragment コンストラクターを使用して新しいフラグメントを生成することもできます。

let fragment = new DocumentFragment();

この例では、主要なウェブブラウザのリストを DocumentFragment 内に作成し、表示するドキュメントに新しい DOM サブツリーを追加しています。

HTML

<ul id="ul">
</ul>

JavaScript

var element  = document.getElementById('ul'); // ul が存在することを仮定
var fragment = document.createDocumentFragment();
var browsers = ['Firefox', 'Chrome', 'Opera', 
    'Safari', 'Internet Explorer'];

browsers.forEach(function(browser) {
    var li = document.createElement('li');
    li.textContent = browser;
    fragment.appendChild(li);
});

element.appendChild(fragment);

結果

仕様書

仕様書 状態 備考
DOM
Document.createDocumentFragment() の定義
現行の標準 DOM 1 仕様書にて初回定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
createDocumentFragmentChrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 5Opera 完全対応 ≤12.1Safari 完全対応 1WebView Android 完全対応 1Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 ≤12.1Safari iOS 完全対応 1Samsung Internet Android 完全対応 1.0

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報