document.createCDATASection

概要

createCDATASection() は、新規 CDATA セクションを生成し返します。

構文

CDATASectionNode = document.createCDATASection(data); 
  • CDATASectionNode : CDATA セクションのノード
  • data : CDATA セクションに追加するデータを含む文字列

var docu = new DOMParser().parseFromString('<xml></xml>',  "application/xml")
var cdata = docu.createCDATASection('Some <CDATA> data & then some');

docu.getElementsByTagName('xml')[0].appendChild(cdata);

alert(new XMLSerializer().serializeToString(docu));
// 表示結果: <xml><![CDATA[Some <CDATA> data & then some]]></xml>

注記

引数として渡す文字列データの一部に クロージング CDATA シーケンス ("]]>") を含めた場合、 NS_ERROR_DOM_INVALID_CHARACTER_ERR 例外がスローされてしまいます。もしこの様な文字列が含まれる可能性がある場合、createTextNode() を用いることでこの問題を回避することが出来ます。

  • HTML 文書は CDATE セクションをサポートしておらず、よってこのメソッドは XML のみで動作します。 HTML 文書でこれを用いた場合、 NOT_SUPPORTED_ERR がスローされます。

仕様書

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: fscholz, jsx, ethertank
 最終更新者: jsx,