Document.getSelection()

getSelection()Document インターフェイスのプロパティで、ユーザーが選択したテキストの範囲、またはキャレットの現在位置を表す Selection オブジェクトを返します。

構文

getSelection()

引数

なし。

返値

Selection オブジェクト。

Selection オブジェクトを取得

let selection = document.getSelection();
let selRange = selection.getRangeAt(0);
// この範囲に対して何かをする

console.log(selection); // Selection オブジェクト

Selection オブジェクトの文字列表現

JavaScript では、オブジェクトが文字列を取る関数 (Window.alert() など) に渡された場合、オブジェクトの toString() メソッドが呼び出され、関数にその返値が渡されます。これにより、プロパティやメソッドを持つ実際のオブジェクトであった場合、他の関数に使われると文字列になって現れることがあります。

alert(selection);

ただし、すべての関数で自動的に toString() が呼び出されるとは限りません。 Selection オブジェクトを文字列として使用する場合は、 toString() メソッドを直接呼び出してください。

let selectedText = selection.toString();

Window.getSelection() を呼び出すと、 Document.getSelection() と同等の動作をします。

Firefox において現在は getSelection()<input> 要素の中では動作しないことに注意してください。 HTMLInputElement.setSelectionRange() を使用することで回避できます。

selectionfocus との違いにも注意してください。 Document.activeElement はフォーカスを持つ要素を返します。

仕様書

Specification
Selection API
# dom-document-getselection

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser