Document.fullscreenEnabled

Document インターフェイスの fullscreenEnabled プロパティは読み取り専用で、全画面モードが使用できるかを示します。全画面モードは文書内にウィンドウ化されたプラグインを含まないページ、および文書内のすべての <iframe> 要素が allowfullscreen 属性を持つページに限り使用することができます。

このプロパティは読み取り専用ですが、変更されても (strict モードでも) 例外を投げません。セッターは何もしないので、無視されます。

構文

var isFullscreenAvailable = document.fullscreenEnabled;

Boolean 値であり、文書や要素が Element.requestFullscreen() を呼び出すことで全画面モードに移行できるのであれば true です。全画面モードが利用できないのであれば、値は false になります。

この例では、 <video> 要素に全画面モードへの移行を試みる前に fullscreenEnabled の値をチェックし、利用できない場合には移行を試みないようにします。

function requestFullScreen() {
  if (document.fullscreenEnabled) {
    videoElement.requestFullScreen();
  } else {
    console.log('現在ブラウザーは全画面モードを使用することができません');
  }
}

仕様書

仕様書 状態 備考
Fullscreen API
Document.fullscreenEnabled の定義
現行の標準 初回定義

ブラウザーの対応

BCD tables only load in the browser

関連情報