ジャンプ先:

概要

document のルート要素 (HTML 文書の場合は <html> 要素) を返します。これは読取専用プロパティです 読取専用

構文

element = document.documentElement;

var rootElement = document.documentElement;
var firstTier = rootElement.childNodes;

// firstTier はルート要素の直接の子である NodeList
for (var i = 0; i < firstTier.length; i++) {
  // ルート要素のそれぞれの直接の子に対する処理
  // firstTier[i] のように
}

注記

このプロパティは読取専用プロパティです。XML 文書や HTML 文書などの様々な文書で、関連するルート要素の取得に有用です。

一般的に HTML 文書には <html> 要素以外にも DOCTYPE 宣言ノードが子ノードとして含まれます。また多くの XML 文書は、ルート要素や DOCTYPE 宣言、処理命令といった複数の子ノードを含みます。このため、ルート要素の取得には document.firstChild よりも document.documentElement の使用が推奨されます。

仕様

仕様書 策定状況 コメント
Document Object Model (DOM) Level 2 Core Specification
Document.documentElement の定義
廃止された
Document Object Model (DOM) Level 3 Core Specification
Document.documentElement の定義
廃止された
DOM4
Document.documentElement の定義
廃止された
DOM
Document.documentElement の定義
現行の標準

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: u_7cc, fscholz, AshfaqHossain, ethertank, Mgjbot, Shoot, Marsf, Hfjapancom
最終更新者: u_7cc,