Document.location

Document.location は読み取り専用のプロパティで、この文書の URL に関する情報を持った Location オブジェクトを返します。これはその URL を変更したり他の URL を読み込んだりするためのメソッドも提供しています。

Document.location読み取り専用Location オブジェクトですが、 DOMString を代入することができます。つまり、 document.location が文字列であるかのように扱うことができます。 document.location = 'http://www.example.com'document.location.href = 'http://www.example.com' の別名です。

URL を文字列として受け取るだけであれば、読み取り専用の document.URL プロパティも利用することができます。

現在の文書が閲覧コンテキスト内にない場合、返値は null となります。

構文

s

locationObj = document.location
document.location = 'http://www.mozilla.org' // Equivalent to document.location.href = 'http://www.mozilla.org'

console.log(document.location);
// Location オブジェクトをコンソールへ表示

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
Document.location の定義
現行の標準 HTML5 から変更なし
HTML5
Document.location の定義
勧告 初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報