Join MDN and developers like you at Mozilla's View Source conference, 12-14 September in Berlin, Germany. Learn more at https://viewsourceconf.org

document.location

概要

文書の URL に関する情報を持ち、その URL を変更するメソッドを提供する Location オブジェクトを返します。Gecko ブラウザでは URL をこのプロパティに割り当てる事により別の URL をロードする事もできます。

詳細については window.location を参照して下さい。

構文

// ロケーションオブジェクトの取得
var locationObj = document.location;

// ロケーションオブジェクトの値を設定(※注記の項を参照)
document.location = 'http://www.mozilla.org';

alert(document.location);

// 以下の様な文字列が表示されます:
//   "https://developer.mozilla.org/ja/docs/DOM/document.location"

注記

Location オブジェクトは、現在の URL を返す toString メソッドを持ちます。また document.location に文字列を割り当てる事もできます。これは、ほとんどの場合、文字列であるかのように document.location を扱う事ができる事を意味します。但し、例えばロケーションオブジェクトに対して String オブジェクトのメソッドを呼び出す必要がある場合には、明示的に toString を呼び出し String オブジェクトに変換する必要があります。以下に例を示します。

alert( document.location.toString().charAt(17) );

Gecko ブラウザでは document.location に値を設定可能ですが、 document.location は当初は読み取り専用プロパティでした。クロスブラウザの安全を確保するためには、代わりに window.location を用います。

文字列として URL を取得するだけなら、読み取り専用 の document.URL プロパティを用いる事も出来ます。

仕様

DOM Level 0。どの標準にも属しません。

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: fscholz, khalid32, ethertank
 最終更新者: khalid32,