Join MDN and developers like you at Mozilla's View Source conference, 12-14 September in Berlin, Germany. Learn more at https://viewsourceconf.org

document.lastModified

概要

現在の文書の最終更新日を表す文字列を返します。

構文

string = document.lastModified; 

alert(document.lastModified);
 
// 次の様な形式の文字列が表示される: Tuesday, July 10, 2001 10:19:42

注記

lastModified の戻り値は Date オブジェクトでなく文字列であり、単純な減算のみで最終更新日から現在までの経過時間を測定するような事はできない事に注意して下さい。

また Gecko 及び Internet Explorer がローカルのタイムゾーンでの時刻を返すのに対し、WebKit は UTC で返すという点にも注意が必要です。
(※参照: Bug 4363 – document.lastModified returns date in UTC time, but should return it in local time

仕様

DOM Level 0。どの標準にも属しません。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: fscholz, khalid32, ethertank
 最終更新者: khalid32,