Document.visibilityState

Document.visibilityState 読み取り専用プロパティは、文書 (document) の可視性、つまりこの要素が現在表示されているかのコンテキストを返します。 文書がバックグラウンドにあるのか、非表示のタブにあるのか、プリレンダリングのためにのみ読み込まれるのかを知ることは有用です。 可能な値は次のとおりです。

visible
ページのコンテンツは、少なくとも部分的に表示される場合があります。実際には、これはページが最小化されていないウィンドウのフォアグラウンドタブであることを意味します。
hidden
ページのコンテンツはユーザーには表示されません。実際には、これは文書がバックグラウンドタブまたは最小化されたウィンドウの一部であるか、 OS の画面ロックがアクティブであることを意味します。
prerender これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
ページのコンテンツはプリレンダリングされており、ユーザーには表示されません (document.hidden の目的で非表示と見なされます)。 文書はこの状態で開始する場合がありますが、別の値から移行することはありません。 注: これは標準から削除されました。 詳細については、互換性の表を確認してください。

このプロパティの値が変更されると、 visibilitychange イベントが Document に送信されます。

これの一般的な用途は、文書がプリレンダリングされている場合に一部のアセットのダウンロードを防止したり、文書がバックグラウンドにあるか最小化されている場合に一部のアクティビティを停止したりすることです。

構文

var string = document.visibilityState

Examples

document.addEventListener("visibilitychange", function() {
  console.log( document.visibilityState );
  // 振る舞いを変更します...
})

仕様書

仕様書 状態 備考
Page Visibility (Second Edition)
Document.visibilityState の定義
勧告 初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser