Node.removeChild()

removeChild()Node インターフェイスのメソッドで、子ノードを DOM から取り除き、取り除いたノードを返します。

Note: 取り除かれた子ノードへの参照が保持されている限り、子ノードはメモリー内に残りますが、 DOM の一部ではなくなります。 後のコードで再利用することができます。

removeChild() の返値が保持されず、他の参照もなくなった場合は、まもなくメモリーから自動的に削除されます。

Node.cloneNode() とは異なり、返値は関連付けられた EventListener オブジェクトを保持します。

構文

removeChild(child);

引数

child

Node で、 DOM から取り除きたい子ノードを指定します。

例外

NotFoundError DOMException

child がこのノードの子ではない場合に発生します。

TypeError

childnull であった場合に発生します。

単純な例

この HTML を使います。

<div id="top">
  <div id="nested"></div>
</div>

親ノードが分かる場合に、指定された要素を取り除きます。

let d = document.getElementById("top");
let d_nested = document.getElementById("nested");
let throwawayNode = d.removeChild(d_nested);

親ノードが分からないときに指定された要素を取り除きます。

let node = document.getElementById("nested");
if (node.parentNode) {
  node.parentNode.removeChild(node);
}

ある要素からすべての子を削除します。

let element = document.getElementById("top");
while (element.firstChild) {
  element.removeChild(element.firstChild);
}

TypeError が発生する例

<!--HTML コードの例-->
<div id="top"> </div>
let top = document.getElementById("top");
let nested = document.getElementById("nested");

// TypeError が発生
let garbage = top.removeChild(nested);

NotFoundError が発生する例

<!--HTML コードの例-->
<div id="top">
  <div id="nested"></div>
</div>
let top = document.getElementById("top");
let nested = document.getElementById("nested");

// 最初の呼び出しでは正しくノードを取り除く
let garbage = top.removeChild(nested);

// NotFoundError が発生
garbage = top.removeChild(nested);

仕様書

Specification
DOM Standard
# dom-node-removechild

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報