これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

WindowOrWorkerGlobalScope インターフェイスの読み取り専用プロパティ origin は、グローバルスコープの文字列としてシリアライズされた origin を返します。

構文

var myOrigin = self.origin; // or just origin

USVString.

worker script 内から実行される以下のスニペットは、メッセージを受け取る度にワーカーのグローバルスコープの origin をコンソールに記録します。

onmessage = function() {
  console.log(self.origin);
};

もし origin が scheme/host/port tuple出ない場合 (あなたがローカルで実行しようとしている、言い換えると file:// というURLの場合)、 origin は "null" という文字列を返すでしょう。

仕様

仕様 ステータス コメント
HTML Living Standard
WindowOrWorkerGlobalScope.origin の定義
現行の標準 初期定義。

ブラウザ互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung Internet
基本対応Chrome 完全対応 59Edge ? Firefox 完全対応 54IE 未対応 なしOpera 未対応 なしSafari 未対応 なしWebView Android 完全対応 59Chrome Android 完全対応 59Edge Mobile ? Firefox Android 完全対応 54Opera Android 未対応 なしSafari iOS 未対応 なしSamsung Internet Android ?

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実装状況不明  
実装状況不明

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: k-kuwahara
最終更新者: k-kuwahara,