WebGLRenderingContext.createProgram()

WebGL APIWebGLRenderingContext.createProgram() メソッドは、WebGLProgram オブジェクトを作成、初期化します。

構文

WebGLProgram gl.createProgram();

引数

ありません。

返り値

WebGLProgram オブジェクトは、2 つのコンパイルされた WebGLShader の組み合わせで、頂点シェーダーとフラグメントシェーダー (どちらも GLSL で書かれる) で成り立ちます。そして、これらを使用可能なプログラムへとリンクします。

WebGL プログラムの作成

var program = gl.createProgram();

// Attach pre-existing shaders
gl.attachShader(program, vertexShader);
gl.attachShader(program, fragmentShader);

gl.linkProgram(program);

if ( !gl.getProgramParameter( program, gl.LINK_STATUS) ) {
  var info = gl.getProgramInfoLog(program);
  throw 'Could not compile WebGL program. \n\n' + info;
}

WebGLShader を参照すると、上記サンプルの vertexShader と fragmentShader の作成についての情報が得られます。

仕様策定状況

仕様 策定状況 コメント
WebGL 1.0
createProgram の定義
勧告 初回定義。
OpenGL ES 2.0
glCreateProgram の定義
標準

OpenGL API (と同様の) マニュアルページ。

ブラウザーの対応

BCD tables only load in the browser

関連項目