WebGLRenderingContext.createProgram()

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

WebGL APIWebGLRenderingContext.createProgram() メソッドは、WebGLProgram オブジェクトを作成、初期化します。

構文

WebGLProgram gl.createProgram();

引数

ありません。

返り値

WebGLProgram オブジェクトは、2 つのコンパイルされた WebGLShader の組み合わせで、頂点シェーダーとフラグメントシェーダー (どちらも GLSL で書かれる) で成り立ちます。そして、これらを使用可能なプログラムへとリンクします。

WebGL プログラムの作成

var program = gl.createProgram();

// Attach pre-existing shaders
gl.attachShader(program, vertexShader);
gl.attachShader(program, fragmentShader);

gl.linkProgram(program);

if ( !gl.getProgramParameter( program, gl.LINK_STATUS) ) {
  var info = gl.getProgramInfoLog(program);
  throw 'Could not compile WebGL program. \n\n' + info;
}

WebGLShader を参照すると、上記サンプルの vertexShader と fragmentShader の作成についての情報が得られます。

仕様策定状況

仕様 策定状況 コメント
WebGL 1.0
createProgram の定義
勧告 初回定義。
OpenGL ES 2.0
glCreateProgram の定義
標準

OpenGL API (と同様の) マニュアルページ。

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
createProgramChrome 完全対応 9Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 4IE 完全対応 11Opera 完全対応 12Safari 完全対応 5.1WebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 25Edge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 ありOpera Android 完全対応 12Safari iOS 完全対応 8.1Samsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mdnwebdocs-bot, MikuroXina
最終更新者: mdnwebdocs-bot,