この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

WebGL API の WebGLRenderingContext.drawArrays() メソッドは、配列データからプリミティブを描画します。

構文

void gl.drawArrays(mode, first, count);

引数

mode
描画するプリミティブの種類を指定する GLenum。以下の値を取ることができます。
  • gl.POINTS: 単一の点を描画します。
  • gl.LINE_STRIP: 次の線へと直線を描画します。
  • gl.LINE_LOOP: 次の線へと直線を描画し、最後の頂点は最初のものに接続します。
  • gl.LINES: 頂点 2 つごとに、その間に線を描画します。
  • gl.TRIANGLE_STRIP
  • gl.TRIANGLE_FAN
  • gl.TRIANGLES: 頂点 3 つの集まりごとに、三角形を描画します。
first
頂点ベクトルの配列の開始インデックスを指定する GLint
count
描画されるインデックスの数を指定する GLsizei

返り値

ありません。

例外

  • mode が許容された値のどれでもない場合、gl.INVALID_ENUM エラーがスローされます。
  • first や count が負数の場合、gl.INVALID_VALUE エラーがスローされます。
  • gl.CURRENT_PROGRAM が null の場合、gl.INVALID_OPERATION エラーがスローされます。

gl.drawArrays(gl.POINTS, 0, 8);

仕様策定状況

仕様 策定状況 コメント
WebGL 1.0
drawArrays の定義
勧告 初回定義。
OpenGL ES 2.0
glDrawArrays の定義
標準 OpenGL API のマニュアルページ。

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
drawArraysChrome 完全対応 9Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 4IE 完全対応 11Opera 完全対応 12Safari 完全対応 5.1WebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 25Edge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 ありOpera Android 完全対応 12Safari iOS 完全対応 8.1Samsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mdnwebdocs-bot, MikuroXina
最終更新者: mdnwebdocs-bot,