Touch

Touch インターフェイスは、タッチ感応面へのひとつの接触点を表します。接触点とは一般的に指やスタイラスと、タッチ画面やトラックパッドのような機器が触れた位置です。

Touch.radiusX (en-US)Touch.radiusY (en-US)Touch.rotationAngle (en-US) で、ユーザーと画面が接触したタッチ領域 (touch area) を表します。これは指を使うような、精度が低いポインティングデバイスを扱う場合に役立ちます。これらの値は、接触した領域全体 (ユーザの指先など) に可能な限り合う楕円を表すように設定されます。

注: プロパティの値の多くは、ハードウェア依存です。例えば、表面を押さえる力を検出する手段を持たない機器では、force の値が常に 0 になるでしょう。これは radiusXradiusY にもあてはまります。ハードウェアがひとつの点しか通知できない場合は、これらの値が 1 になるでしょう。

コンストラクター

Touch() (en-US)
Touch オブジェクトを作成します。

プロパティ

このインターフェイスには親がなく、ほかのプロパティを継承または実装していません。

基本プロパティ

Touch.identifier 読取専用
Touch オブジェクトの一意な識別子を返します。あるタッチ点 (指などによる) は表面を移動している間、同じ識別子を持ち続けます。これにより、同一のタッチを終始追跡することが確実になります。
Touch.screenX (en-US) 読取専用
画面の左端に対する、タッチ点の X 座標を返します。
Touch.screenY 読取専用
画面の上端に対する、タッチ点の Y 座標を返します。
Touch.clientX 読取専用
スクロールによるオフセットを含まず、ブラウザのビューポートの左端に対する、タッチ点の X 座標を返します。
Touch.clientY 読取専用
スクロールによるオフセットを含まず、ブラウザのビューポートの上端に対する、タッチ点の Y 座標を返します。
Touch.pageX (en-US) 読取専用
ドキュメントの左端に対する、タッチ点の X 座標を返します。水平スクロールによるオフセットがある場合は、それを含むことが clientX と異なります。
Touch.pageY (en-US) 読取専用
ドキュメントの上端に対する、タッチ点の Y 座標を返します。垂直スクロールによるオフセットがある場合は、それを含むことが clientY と異なります。
Touch.target (en-US) 読取専用
タッチ点がタッチ面で最初に触れた位置にある Element を返します。タッチ点が要素の対話エリアの外に移動したり、ドキュメント上に存在しなくなっても同様です。

タッチ領域

Experimental

これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

Touch.radiusX (en-US) 読取専用
画面に触れた領域にもっとも接近して囲むような、楕円の X 方向の半径を返します。この値は、screenX と同じ尺度のピクセル数で表します。
Touch.radiusY (en-US) 読取専用
画面に触れた領域にもっとも接近して囲むような、楕円の Y 方向の半径を返します。この値は、screenY と同じ尺度のピクセル数で表します。
Touch.rotationAngle (en-US) 読取専用
ユーザがタッチ面に触れた領域をもっとも正確に覆うために、radiusX および radiusY で表す楕円を時計回りに回転すべき角度 (単位は度 (degree)) を返します。
Touch.force (en-US)読取専用
ユーザがタッチ面に与えた圧力を、0.0 (最小圧力) から 1.0 (最大圧力) の間の float で返します。

メソッド

このインターフェイスにはメソッドがなく、親もないのでメソッドを継承または実装していません。

仕様書

仕様書 状態 備考
Touch Events – Level 2
Touch の定義
ドラフト radiusX, radiusY, rotationAngle, force の各プロパティと Touch() コンストラクターを追加。
Touch Events
Touch の定義
勧告 初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報