Element.setPointerCapture()

setPointerCapture()Element インターフェイスのメソッドで、特定の要素をこれ以降のポインターイベントのキャプチャターゲットとして指定するために使用します。(Element.releasePointerCapture() を介して、または pointerup イベントが発生して)キャプチャが解放されるまで、それ以降のポインターのイベントはキャプチャ要素をターゲットにします。

メモ: ポインターキャプチャ設定後、それ以降のポインターイベントはキャプチャ対象の要素内で発生したとみなされます。よって、 pointeroverpointerenterpointerleavepointerout発生しません。 タッチ画面の機器などで直接操作をしているブラウザーでは、 pointerdown イベント発生時に要素に対してポインターキャプチャが自動的に適用されます。ポインターキャプチャの解放は element.releasePointerCapture メソッドを手動で呼び出したとき、または pointerup もしくは pointercancel イベント発生時に自動的に行われます。

ポインターキャプチャの概要

ポインターキャプチャでは、ポインターの位置にある通常 (またはヒットテスト) のターゲットではなく、特定のポインターイベント (PointerEvent) のイベントを特定の要素にターゲットしなおすことができます。 これは、ポインターデバイスの接触が要素から外れた場合でも、(スクロールやパンなどで)要素がポインターイベントを受信し続けるようにするために使用できます。

構文

setPointerCapture(pointerId)

引数

pointerId

PointerEvent オブジェクトの pointerId

返値

なし (undefined)。

例外

NotFoundError DOMException

pointerId がアクティブなポインターのいずれにも一致しなかった場合に発生します。

この例では、 <div> を押下するとポインターキャプチャが設定されます。これにより、ポインターをその境界の外側に移動した場合でも、要素を水平方向にスライドさせることができます。

HTML

<div id="slider">SLIDE ME</div>

CSS

div {
  width: 140px;
  height: 50px;
  display: flex;
  align-items: center;
  justify-content: center;
  background: #fbe;
}

JavaScript

function beginSliding(e) {
  slider.onpointermove = slide;
  slider.setPointerCapture(e.pointerId);
}

function stopSliding(e) {
  slider.onpointermove = null;
  slider.releasePointerCapture(e.pointerId);
}

function slide(e) {
  slider.style.transform = `translate(${e.clientX - 70}px)`;
}

const slider = document.getElementById('slider');

slider.onpointerdown = beginSliding;
slider.onpointerup = stopSliding;

結果

仕様書

Specification
Pointer Events
# dom-element-setpointercapture

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報