Document.onfullscreenchange

Document インターフェイスの onfullscreenchange プロパティは、文書が全画面モードに移行したり復帰したりする直前に発生する fullscreenchange イベントのイベントハンドラーです。

構文

targetDocument.onfullscreenchange = fullscreenChangeHandler;

文書が全画面モードへの移行および復帰を示す fullscreenchange イベントを受け取るたびに呼び出されるイベントハンドラーです。

使用上のメモ

fullscreenchange イベントは全画面モードへの移行か復帰かを直接特定する方法がないので、イベントハンドラーでは Document.fullscreenElement の値を見てください。 null であれば、イベントは全画面モードからの復帰を示します。それ以外であれば、指定された要素が画面全体に表示されるところです。

document.onfullscreenchange = function ( event ) {
  console.log("FULL SCREEN CHANGE")
};
document.documentElement.onclick = function () {
  // requestFullscreen() はイベントハンドラー内で使用しなければなりません。そうしなければ失敗します。
  document.documentElement.requestFullscreen();
}

仕様書

仕様書 状態 備考
Fullscreen API
onfullscreenchange の定義
現行の標準 初回定義

ブラウザーの対応

BCD tables only load in the browser

関連情報