mozilla

element.onafterscriptexecute

概要

静的な <script> 要素のスクリプトの実行終了時に発生するイベントをハンドリングします。 appendChild() などを用いるなどして動的に追加された script 要素ではこのイベントは発生しません。

構文

document.onafterscriptexecute = funcRef;
  • funcRef : イベント発生時に呼ばれる関数への参照。イベントの target 属性が実行される script 要素に、スクリプト実行完了時に設定されます。

// ※ logMessage 関数は定義済みとする

function finished(e) {
  logMessage("スクリプト実行完了(ID:" + e.target.id + ")");
}

document.addEventListener("afterscriptexecute", finished, true);

実際の表示を確認

仕様書

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: fscholz, ethertank, khalid32
最終更新者: khalid32,
サイドバーを隠す