WorkerGlobalScope.caches

Experimental: これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

WindowOrWorkerGlobalScope インターフェイスの caches 読み取り専用プロパティは、現在のワーカーコンテキストに関連する CacheStorage オブジェクトを返します。このオブジェクトにより、オフライン利用のために資産 (assets、アセット) を保存したり、リクエストに対するカスタムレスポンスを生成したりするなどの機能を使用できます。

構文

var myCacheStorage = self.caches; // または単に caches

CacheStorage

次の例では、アセットをオフラインで利用できるようにするために、ServiceWorker コンテキストでキャッシュを使う方法を示しています。

this.addEventListener('install', function(event) {
  event.waitUntil(
    caches.open('v1').then(function(cache) {
      return cache.addAll(
        '/sw-test/',
        '/sw-test/index.html',
        '/sw-test/style.css',
        '/sw-test/app.js',
        '/sw-test/image-list.js',
        '/sw-test/star-wars-logo.jpg',
        '/sw-test/gallery/',
        '/sw-test/gallery/bountyHunters.jpg',
        '/sw-test/gallery/myLittleVader.jpg',
        '/sw-test/gallery/snowTroopers.jpg'
      );
    })
  );
});

仕様

仕様 ステータス コメント
Service Workers 草案 初期定義。

ブラウザー実装状況

No compatibility data found for api.WindowOrWorkerGlobalScope.caches.
Check for problems with this page or contribute missing data to mdn/browser-compat-data.

関連項目