この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

これは実験段階の機能です。
この機能は複数のブラウザーで開発中の状態にあります。互換性テーブルをチェックしてください。また、実験段階の機能の構文と挙動は、仕様変更に伴い各ブラウザーの将来のバージョンで変更になる可能性があることに注意してください。

ServiceWorker APIServiceWorkerContainerインターフェースは、 ネットワークエコシステム内の全体を包むユニットとして、サービスワーカーを表すオブジェクトを提供します。このユニットは、サービスワーカーの登録、登録の解除、更新のための機能や、サービスワーカーの状態とそれらの登録状況にアクセスするための機能を持っています。

ここで最も重要なことは、それがServiceWorkerContainer.register()メソッドとServiceWorkerContainer.controllerプロパティを持っていることです。ServiceWorkerContainer.register()メソッドはサービスワーカーの登録に使用され、ServiceWorkerContainer.controllerプロパティは、現在のページが動的にコントロールされるかどうかを決定するために使用されます。

プロパティ

ServiceWorkerContainer.controller 読取専用
アクティブな状態の(ServiceWorker.stateactivatedを返す状態の)ServiceWorkerオブジェクトが存在する場合、そのServiceWorkerオブジェクトを返します(ServiceWorkerRegistration.activeが返すものと同じオブジェクトです。)。 このプロパティは、ページの再読み込み(Shift + refresh)の間や、アクティブなワーカーが存在しない場合にnullを返します。
ServiceWorkerContainer.ready 読取専用
サービスワーカーがアクティブになるまでコードの実行を遅らせる方法を提供します。 このプロパティはPromiseを返します。 返されるPromiserejectせず、現在のページにひもづいているServiceWorkerRegistrationServiceWorkerRegistration.activeなワーカーを持つまで無期限に待ち続けます。 条件が満たされると、ServiceWorkerRegistrationとともにresolveします。

イベントハンドラ

ServiceWorkerContainer.oncontrollerchange
controllerchangeイベントによって(ドキュメントにひもづいているServiceWorkerRegistrationが新しいアクティブ(active)なワーカーを手に入れたときに)発火します。
ServiceWorkerContainer.onerror
ひもづいているサービスワーカー内でerrorイベントが発生したときに発火します。
ServiceWorkerContainer.onmessage
messageイベントが発生したときに(MessagePort.postMessage()の呼び出しなどによってServiceWorkerContainerオブジェクトにメッセージが渡ったときに)発火します。

メソッド

ServiceWorkerContainer.register() 
渡されたスクリプトURLをもとにServiceWorkerRegistrationを作成、または更新します。
ServiceWorkerContainer.getRegistration()
提供されたドキュメントURLと一致するスコープを持ったServiceWorkerRegistrationオブジェクトを取得します。 もしこのメソッドがServiceWorkerRegistrationを返せない場合、Promiseを返します。
ServiceWorkerContainer.getRegistrations()
Returns all ServiceWorkerRegistration objects associated with a ServiceWorkerContainer in an array.  If the method can't return ServiceWorkerRegistration objects, it returns a Promise

Examples

The example below first checks to see if the browser supports service workers. If supported, the code registers the service worker and determines if the page is actively controlled by the service worker. If it isn't, it prompts the user to reload the page so the service worker can take control. The code also reports any registration failures.

if ('serviceWorker' in navigator) {
  // Register a service worker hosted at the root of the
  // site using the default scope.
  navigator.serviceWorker.register('/sw.js').then(function(registration) {
    console.log('Service worker registration succeeded:', registration);

    // At this point, you can optionally do something 
    // with registration. See https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/API/ServiceWorkerRegistration
  }).catch(function(error) {
    console.log('Service worker registration failed:', error);
  });

  // Independent of the registration, let's also display
  // information about whether the current page is controlled
  // by an existing service worker, and when that
  // controller changes.

  // First, do a one-off check if there's currently a
  // service worker in control.
  if (navigator.serviceWorker.controller) {
    console.log('This page is currently controlled by:', navigator.serviceWorker.controller);
  }

  // Then, register a handler to detect when a new or
  // updated service worker takes control.
  navigation.serviceWorker.oncontrollerchange = function() {
    console.log('This page is now controlled by:', navigator.serviceWorker.controller);
  };
} else {
  console.log('Service workers are not supported.');
}

Specifications

Specification Status Comment
Service Workers
ServiceWorkerContainer の定義
勧告改訂案 Initial definition.

Browser compatibility

Feature Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
Basic support 40 44.0 (44.0)[1] 未サポート 27 未サポート
Feature Android Webview Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) Firefox OS IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
Basic support 40 40 44.0 (44.0) (有) 未サポート 27 未サポート

[1] Service workers (and Push) have been disabled in the Firefox 45 and 52 Extended Support Releases (ESR.)

See also

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: KazmaArakaki
 最終更新者: KazmaArakaki,