Navigator.serviceWorker

これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

Navigator.serviceWorker は読み取り専用のプロパティで、関連付けられた文書ServiceWorker の登録、削除、更新、通信へのアクセスを提供する ServiceWorkerContainer オブジェクトを返します。

この機能はプライベートモードでは利用できない可能性があります。

構文

var workerContainerInstance = navigator.serviceWorker;

ServiceWorkerContainer

このコードは、ブラウザーがサービスワーカーに対応しているかをチェックします。

if ('serviceWorker' in navigator) {
  // Supported!
}

仕様書

仕様書 状態 備考
Service Workers
navigator.serviceWorker の定義
草案 初回定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
serviceWorkerChrome 完全対応 40Edge 完全対応 17
完全対応 17
完全対応 16
無効
無効 From version 16: this feature is behind the Enable service workers preference.
Firefox 完全対応 44
補足
完全対応 44
補足
補足 Service workers (and Push) have been disabled in the Firefox 45 and 52 Extended Support Releases (ESR).
IE 未対応 なしOpera 完全対応 27Safari 完全対応 11.1WebView Android 完全対応 40Chrome Android 完全対応 40Firefox Android 完全対応 44Opera Android 完全対応 27Safari iOS 完全対応 11.1Samsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実装ノートを参照してください。
実装ノートを参照してください。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。

関連情報