これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

Navigator.serviceWorker は読み取り専用のプロパティで、関連付けられた文書ServiceWorker の登録、削除、更新、通信へのアクセスを提供する ServiceWorkerContainer オブジェクトを返します。

構文

var workerContainerInstance = navigator.serviceWorker;

ServiceWorkerContainer

このコードは、ブラウザーがサービスワーカーに対応しているかをチェックします。

if ('serviceWorker' in navigator) {
  // Supported!
}

仕様書

仕様書 状態 備考
Service Workers
navigator.serviceWorker の定義
草案 初回定義

ブラウザーの対応

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応40

17

161

442 なし2711.1
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応4040 ?442711.1 ?

1. From version 16: this feature is behind the Enable service workers preference.

2. Service workers (and Push) have been disabled in the Firefox 45 and 52 Extended Support Releases (ESR).

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, nocotan
最終更新者: mfuji09,