WindowOrWorkerGlobalScope ミックスインの indexedDB 読み取り専用プロパティは、アプリケーションが indexed データベースのキャパビリティに非同期でアクセスするための機構を提供します。

構文

var IDBFactory = self.indexedDB;

IDBFactory オブジェクト。

var db;
function openDB() {
 var DBOpenRequest = window.indexedDB.open('toDoList');
 DBOpenRequest.onsuccess = function(e) {
   db = DBOpenRequest.result;
 }
}

仕様

仕様書 策定状況 備考
Indexed Database API 2.0
indexedDB の定義
勧告案 Defined in a WindowOrWorkerGlobalScope partial in the newest spec.
Indexed Database API
indexedDB の定義
勧告 初期定義。

ブラウザーの実装状況

機能 Chrome Edge Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート 23webkit
24
(有) 10 moz
16.0 (16.0)
52.0 (52.0)[1]
10, partial 15 7.1
worker で利用可能 (有) (有) 37.0 (37.0) ? (有) ?
Indexed Database 2.0 58 ? ? ? 45 ?
機能 Android Webview Chrome for Android Edge Firefox Mobile (Gecko) Firefox OS IE Phone Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート (有) ? (有) 22.0 (22.0)
52.0 (52.0)[1]
1.0.1 10 22 8
worker で利用可能 (有) ? (有) 37.0 (37.0) (有) ? (有) ?
Indexed Database 2.0 58 58 ? ? ? ? 45 ?

[1] indexedDBWindowOrWorkerGlobalScope ミックスイン上で定義されています。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Marsf
 最終更新者: Marsf,