Window.onafterprint

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

Summary

onafterprint プロパティーは現在のwindowに対するイベントハンドラをセットして値を返します。

Syntax

window.onafterprint = event handling code


Notes


いくつかのブラウザー(Firefox6かそれ以上と、Internet Explorer)は、印刷が発生するいくつかのパターンの時にbeforeprintとafterprint イベントを送ることを決定します。
印刷している間にインターフェースを調整する(例えば印刷プロセスの間にユーザーインターフェスを表示するか、隠すか)ために使うことが出来る。

afterprintイベントはユーザーが印刷を実行するか、印刷ダイアログをキャンセルした場合に実行されます。
 
 

Specification

Not part of any specification.

ブラウザー互換

Feature Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
Basic support 未サポート 6.0 (有) 未サポート 未サポート
Feature Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
? ? ? ? ? ?

関連記事

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: teoli, jsx, abechiyo
 最終更新者: jsx,